千葉県船橋市で殺人事件 齊藤陽子容疑者が弟の首を絞めて殺害した疑い 弟には障害…動機は?

千葉県船橋市で殺人事件 齊藤陽子容疑者が弟の首を絞めて殺害した疑い 弟には障害…動機は?

千葉県船橋市大穴南の住宅で9月19日夕方、45歳の弟の首を絞めて殺害した疑いで46歳の姉の女が逮捕される殺人事件がありました。殺人の疑いで逮捕されたのは事件現場の住宅に暮らす自称パート従業員・齊藤陽子(さいとう ようこ)容疑者(46)で、殺害された弟の男性は契約社員・田村寛之(たむら ひろゆき)さん(45)です。

姉が自宅で弟の首を絞めて殺害したこの殺人事件は19日午後8時半頃、事件現場の家で暮らす田村寛之さんが家の中で倒れているのを、帰宅した齊藤陽子容疑者の夫が見つけ消防に通報したことで事件が発覚。

駆け付けた救急隊員らが意識を失った田村寛之さんを病院へ搬送しましたが、搬送先の病院で死亡が確認され、同居していた姉の齊藤陽子容疑者がこの日の夕方、弟の首を圧迫して殺害したことを認めたため殺人容疑で逮捕しました。

齊藤陽子容疑者は夫と殺害された弟と3人で暮らしていましたが、意識を失った田村寛之さんを発見した夫は外出していたということで、姉と弟が2人の時に殺害したとみられています。

殺害された田村寛之さんは障害があったとみられており、警察が事件の経緯や犯行動機について詳しく調べているということです。

(殺人事件が起きた住宅がある千葉県船橋市大穴南の周辺地図)
千葉県船橋市で殺人事件 齊藤陽子容疑者が弟の首を絞めて殺害した疑い 弟には障害…動機は?