薬物依存支援施設「東近江ダルク」で殺人未遂事件 山崎真央容疑者が同居の男性を切りつけた容疑

薬物依存支援施設「東近江ダルク」で殺人未遂事件 山崎真央容疑者が同居の男性を切りつけた容疑

滋賀県東近江市沖野2丁目の薬物依存者の自立支援施設「東近江ダルク」の施設内で9月19日午前2時すぎ、この施設に入所する無職・山崎真央容疑者(27)が同じく施設に入所し同居していた41歳の男性の首を包丁で切りつけた殺人未遂事件がありました。山崎真央容疑者は犯行後、近くの交番に自ら出頭し殺人未遂容疑で逮捕されています。

薬物依存施設で男性が切りつけられたこの殺人未遂事件は19日未明、東近江市沖野2丁目の薬物依存の支援施設「東近江ダルク」に入所している山崎真央容疑者が同じ部屋で暮らす41歳の男性の首を刃渡り17センチの包丁で切りつけた疑いがもたれている事件。

切りつけられた男性は襲われた当時、就寝中で首の左側に傷があり病院へ搬送されましたが、命に別状はないとみられています。

山崎真央容疑者は犯行後、約300メートル離れた交番に「人を殺してきた」と自ら出頭したことで事件が発覚。殺人未遂容疑で現行犯逮捕されました。

寝ていた男性を包丁で切りつけた動機に関しては「普段の生活態度が気に食わなかった」「バカにされたと思い、殺すつもりだった」と供述しており、容疑を認めています。

事件現場となった薬物依存支援施設「東近江ダルク」は、ひばり通り沿いに建つ2階建ての一軒家住宅で、覚醒剤などの薬物依存からの回復を支援するための施設です。

(殺人未遂事件が起きた「東近江ダルク」がある東近江市沖野2丁目の周辺地図)
薬物依存支援施設「東近江ダルク」で殺人未遂事件 山崎真央容疑者が同居の男性を切りつけた容疑