横浜市中区の闇スロット店「ボンバー」従業員、天田健太郎容疑者ら3人逮捕=4号機パチスロ機など50台設置し違法営業

横浜市中区の闇スロット店「ボンバー」従業員、天田健太郎容疑者ら3人逮捕=4号機パチスロ機など50台設置し違法営業

横浜市中区で営業していた闇スロット店(違法パチスロ店)「ボンバー」が客に賭博をさせたとして摘発され、従業員の天田健太郎容疑者ら3人が常習賭博の疑いで逮捕されました。ボンバーの店内には違法パチスロ機の4号機などが約50台設置されていたという。

発表によると、逮捕された天田健太郎容疑者ら3人は10月17日午前7時頃、横浜市の雑居ビルの一室に設置した約50台のスロット機で客の男4人に賭博をさせていた疑いが持たれています。

ボンバーの店内には「4号機」と呼ばれ、既にパチンコ店からは撤去されている射幸性の高い違法パチスロ機も設置されていた。摘発逃れのためか、店は完全紹介制で店の出入り口は施錠され二重扉。監視カメラが複数台設置されていたといいます。

この闇スロット店は今年8月中旬に開店し、2カ月で約2000万円の売り上げがあり、月に約600万円の利益があったとみられ、警察は店内にいた男性客4人も書類送検する方針で詳しく調べています。

設置されていた4号機機種は?

摘発された横浜市中区の闇スロット(違法パチスロ店)「ボンバー」に設置されていた、吉宗(大都技研)や南国育ち(オリンピア)などが店内から押収されました。店内には約50台のスロット機があったという。

横浜市闇スロット店「ボンバー」に設置されていた「吉宗」
横浜市闇スロット店「ボンバー」に設置されていた「南国育ち
(画像はボンバーから押収された違法パチスロ4号機)

横浜市中区の闇スロ店摘発…Twitterの反応

摘発されたのは神奈川県横浜市中区福富町の一角にあった闇スロ店のようです。Twitterで検索すると全国各地で営業を続ける闇スロ店の情報が出てくるため、この手の事件は無くなりそうにありません。
横浜市中区の闇スロット店「ボンバー」従業員、天田健太郎容疑者ら3人逮捕=4号機パチスロ機など50台設置し違法営業

Twitterフォローお願いします

ニュースメディア「MoreNews」のTwitterアカウントをフォローして頂ける方を募集中です
注目の時事ニュースの更新情報をSNS上で配信していますので、アカウントをお持ちの方は是非フォローして下さい! (現在のフォロワー数は約2300人)