帝京長岡高校で連続放火事件?体育館で立て続けに不審火 全校生徒が避難の騒ぎ 警察が捜査を開始

帝京長岡高校で連続放火事件?体育館で立て続けに不審火 全校生徒が避難の騒ぎ 警察が捜査を開始

新潟県長岡市の帝京長岡高校で9月15日正午過ぎ、体育館の一部から出火する火事・火災があり、授業を受けていた全校生徒およそ960人が一時避難するなどしました。帝京長岡高校では2日前の13日にも同じ体育館周辺から出火していることから、何者かが火を付けた連続放火事件の可能性もあるとみて詳しく調べています。

警察のその後の捜査で16日夜、帝京長岡高校に通う16歳の男子高校生が放火の疑いで逮捕されました。13日の放火についても関連を調べています。

(9月17日午後0時頃に追記)

連続放火事件の可能性も考えられるこの不審火は15日昼頃、新潟県長岡市住吉3丁目の帝京長岡高校の敷地内にある「体育館棟」3階にある体育館の靴置き場から出火したもので、駆け付けた約20人の職員が消火器を用いて火を消し止めたため、燃え広がることはありませんでした。

また、帝京長岡高校では2日前の13日にも同じ体育館棟の1階・剣道場と弓道場を繋ぐ廊下から出火する不審火があったばかりで、剣道の竹刀などが燃えています。

相次いだ不審火が近い場所で起きたことから、何者かが体育館周辺に火を付けた連続放火事件の可能性もあるとみられており、既に警察が放火事件の可能性も視野に捜査を進め、出火原因について詳しく調べているということです。

帝京長岡高校では出火当時、全校生徒およそ960人が校内で授業を受けており、職員なども含めて全員が校庭に避難するなど影響がありましたが、幸いにもケガ人はいませんでした。

13日に次いで15日にも校内で火災(不審火)が起きたことを受け、帝京長岡高校では16日(土)~18日(月・祝日)3連休中の校内での部活動や補習の中止を検討しており、出火場所の体育館棟を中心に警戒する方針だという。

警察が関係者を中心に捜査を進めていましたが、15日の不審火が放火と断定。この高校に通う16歳の男性高校生を放火の疑いで逮捕しました。13日の不審火に関しても関与している可能性が高いとみて詳しく調べています。

仮に外部の人間や学校関係者、生徒のいずれかが故意に(意図的に)放火していた場合、現住建造物等放火の罪に問われる可能性もあるという。

(校内で不審火が相次いだ帝京長岡高等学校の周辺地図:新潟県長岡市住吉3丁目9−1)

新潟県長岡市の帝京長岡高校で連続放火事件?体育館で立て続けに不審火が発生…Twitterの声

帝京長岡高校で連続放火事件?体育館で立て続けに不審火 全校生徒が避難の騒ぎ 警察が捜査を開始

コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。