神戸市須磨区で殺人未遂事件 男性がバットで殴られ意識不明の重体 40代の男が殴った疑い

神戸市須磨区で殺人未遂事件 男性がバットで殴られ意識不明の重体 40代の男が殴った疑い

兵庫県神戸市須磨区平田町2丁目の路上で殺人未遂事件がありました。9月13日午後11時前、通行人の男性から警察に通報があり路上に止まっていた白色の車の後部座席で48歳の男性が頭から血を流して倒れているのが見つかり、近くに居た40代の男がバットで殴った疑いがもたれており、殺人未遂容疑で調べています。

その後の捜査で神戸市長田区堀切町在住の土木作業員・橋本敏男容疑者(49)を殺人未遂容疑で逮捕しました。知人関係にある山下貴志さん(48)の頭をバットで殴って殺害しようとした(意識不明の重体にさせた)疑いがもたれています。

(9月15日午前0時頃に追記)

40代の男性がバットで殴られたこの殺人未遂事件は13日夜、神戸市須磨区平田町2丁目の路上で通行人から「1対1の喧嘩が起きていて何かを振り回している」と警察に通報があり発覚したもので、兵庫県警須磨署の警察官が現場に駆け付けたところ、2台の車(白色と黒色の車体)が停車しているのを発見。

白色の乗用車の後部座席で山下貴志さんが頭から血を流して倒れており、病院へ搬送されましたが現在も意識不明の重体となっています。近くにいた橋本敏男容疑者が「(男性を)バットで殴った」などと話したため、殺人未遂容疑で事情を聴いているということです。

殺人未遂の疑いがもたれている男が乗っていたのは黒色の車とみられており、トランクから男性を殴るのに使ったとみられるバットが見つかっており、事件現場の路上で意識不明となっている山下貴志さんとトラブルになり殴った可能性が高いとみられている。

目撃情報などから事件現場には数人の男が居たという情報もあることから、事情を聴いているの男以外に事件に関与した人物が逃走したとみて、詳しく調べています。

その後の調べで橋本敏男容疑者が山下貴志さんの頭をバットで殴って殺害しようとした疑いが強まったことから、男を殺人未遂容疑で他日尾。2人は顔見知りで当時、酒に酔っていたとみられています。

事件が起きた場所は板宿駅がすぐ側にある大通り沿いで周囲には飲食店などが建ち並び、人通りや交通量が多い場所だということです。

神戸市須磨区で殺人未遂事件 男性がバットで殴られ意識不明の重体 40代の男が殴った疑い