私立暁星高校で傷害事件(切りつけ事件)=1年生の男子生徒が同級生と教師をナイフで刺す…犯行動機は?

私立暁星高校で傷害事件(切りつけ事件)=1年生の男子生徒が同級生と教師をナイフで刺す…犯行動機は?

東京都千代田区の名門私立高校「暁星高校」で17日正午過ぎ、高校1年生の男子生徒(16)同士がケンカ(喧嘩)を起こし、このうちの1人が刃渡り10センチ程のナイフで相手を刺し、傷害容疑で逮捕される傷害事件(切りつけ事件)が発生しました。逮捕された男子生徒は容疑を認める供述をしています。

この事件は10月17日の正午過ぎ、私立暁星高校の教室内で16歳の男子生徒同士のケンカが発展し、男子生徒が持っていた刃渡り約10センチのナイフで相手の肩のあたりを刺したもの。更に、止めに入った他の男子生徒(高校1年生)や49歳の教師にも切りつけかかり、合わせて3人が軽いけがを負ったということです。

ナイフで切りつけた男子生徒はその場で教員に取り押さえられ、傷害の疑いで逮捕されました。

このケンカは自習の時間に教室内で起き、警察の調べに対し、生徒は「2人からからかわれたので、カッとなってやった」などと犯行動機を供述しています。

切りつけ事件を起こした生徒はどんな人物?犯行動機は?

文武両道で「名門高校」といわれていた暁星高校で同級生と教師がナイフで刺されてしまった、この切りつけ事件。学校側が17日午後に記者会見を行いました。

会見では傷害事件について謝罪したうえで、傷害容疑で逮捕された1年の男子生徒の人物像について、「中学で入学して以降休学などの処分を受けたことない」などと話し、これまでに学校内で目立ったトラブルを起こしていないと説明。

また、犯行動機については「2人にからかわれたのでカッとなってやった」などと供述し、容疑を認めていますが、詳しい犯行動機については確認中ということです。

18日からの中間テストは中止を決定、保護者会を開催

高校側は事件をうけ、17日夜にも高校1年生の保護者を対象に保護者会を開くほか、翌18日から予定されていた中間テストの中止を発表しました。

また、「教育現場としてあるまじきことで、原因の究明と再発防止に努めたい」とコメントしています。

切りつけ事件が起きた私立暁星高校の場所と周辺地図

傷害容疑で高校1年の男子生徒が逮捕されたのは、暁星中学校・高等学校(東京都千代田区富士見)です。
都内では名門私立高校として有名な学校内で事件が起きました。

東京千代田区「暁星高校」で切りつけ事件発生…Twitterの反応

17日に暁星高校の教室内で起きた傷害事件の顛末が少しずつ見えてきました。犯行動機について、逮捕された男子生徒は日常的にイジメを受けていたとみられており、この日も犯行に使ったナイフを持って登校していたようです。

逮捕後に「2人にからかわれたのでカッとなってやった」と供述していることから、この日、我慢の限界を超えて犯行に及んだとみられています。

また、Twitterでは逮捕された男子生徒について、「逮捕されたの誰?」「名前は?」といった声が多く聞かれましたが、少年犯罪のため実名報道はされません。

私立暁星高校で傷害事件(切りつけ事件)=1年生の男子生徒が同級生と教師をナイフで刺す…犯行動機は?

Twitterフォローお願いします

ニュースメディア「MoreNews」のTwitterアカウントをフォローして頂ける方を募集中です
注目の時事ニュースの更新情報をSNS上で配信していますので、アカウントをお持ちの方は是非フォローして下さい! (現在のフォロワー数は約2300人)