宇都宮市の障害者支援施設「ビ・ブライト」で職員が暴行の疑い 入所者の男性が腰骨折る重傷

宇都宮市の障害者支援施設「ビ・ブライト」で職員が暴行の疑い 入所者の男性が腰骨折る重傷

栃木県宇都宮市の知的障害者支援施設「ビ・ブライト」で今年4月、職員が施設に入所していた28歳の男性に暴行を加えた疑いがあり、男性は腰の骨を折るなどして一時、意識不明の重体となっていたことが判明。警察は9月11日朝、傷害容疑で施設と施設を運営する「瑞宝会」に家宅捜索に入り詳しく調べています。

県警が行なった家宅捜索で複数の職員から任意で事情を聴いた結果、暴行に関与した疑いが強まった施設関係者の22歳の男と25歳の女の逮捕状を請求しました。その後、佐藤大希容疑者(22)と松本亜希子容疑者(25)が傷害容疑で逮捕されている。

(9月13日午後0時頃に追記更新)

知的障害の男性重傷「ビ・ブライト」傷害事件で元職員の男女を逮捕 証拠隠滅図った疑いが浮上

2017.09.13

障害者支援施設で入所者の男性が骨折や大量出血で意識不明となる大ケガを負ったこの事件は今年4月、宇都宮市西刑部町の知的障害者支援施設「ビ・ブライト」に入所していた28歳の男性が施設職員に暴行を受け重傷を負った事件。

警察は被害者男性の両親から被害届が出されたことを受け、施設の関係者などから話を聴くなどして捜査を進めていましたが、男性が大ケガをしたのが職員の暴行を受けた疑いが強まったとして11日朝、施設「ビ・ブライト」と施設を運営する「瑞宝会」に傷害容疑で家宅捜索に入りました。

これまでに施設側が防犯カメラ映像を確認するなど内部調査を行なったものの「職員が暴行したという事実は確認できていない」とコメントしており、今後は県警が傷害事件として男性に暴行を加えた職員について捜査を進める方針です。

男性は2016年8月頃から施設に入所した後、今年4月15日の夕方頃から体調が悪くなり、翌16日の夜には意識が朦朧とした状態となっているのを夜勤の職員が発見後に救急搬送されており、一時意識不明の重体となりましたが、現在は回復に向かっており療養中だという。

男性を診察した医師の診断によると、男性が骨折したのは外部から強い力が加えられた可能性が高く、暴行されて大ケガを負ったとみられており、県警の立ち入り調査で複数の職員から任意で事情を聴いた上で、暴行に関与した職員の容疑が固まり次第、傷害容疑で逮捕する方針を固めています。

その後、モップで殴るなど暴行を加えた疑いがもたれている施設の関係者・佐藤大希(さとうだいき)容疑者(22)と25歳の女の逮捕状を請求した後、男を逮捕。

元職員の松本亜希子(まつもとあきこ)容疑者(25)と連絡が取れなくなっていましたが、13日までに傷害容疑で逮捕されました。2人は男性の容体が悪化する前日、入れ代わり立ち代わりに暴行を加えた疑いがもたれています。

逮捕された佐藤大希容疑者は軽度の知的障害があるが受け答えに問題はないということで、自身も施設に入所しながら手伝いをしていたということです。

男性が入所していた知的障害者支援施設「ビ・ブライト」は宇都宮市にある社会福祉法人「瑞宝会」が運営する生活支援などを行なう施設で、現在は約30人が入所しています。逮捕される見通しの職員を含め、看護師を含む職員17人が3交代制で勤務していました。

宇都宮市の障害者支援施設「ビ・ブライト」で傷害事件、職員が入所者に暴行の疑いで家宅捜索…Twitterの声

宇都宮市の障害者支援施設「ビ・ブライト」で職員が暴行の疑い 入所者の男性が腰骨折る重傷

2 件のコメント

  • 施設長隠蔽確実。どんなに痛かったか苦しかったか、内蔵から1リットルの出血には涙がでる。犯人たちを許せない。

  • 私の娘も今年の7月に18才でで施設でなくなった!スタッフご少ないのは分かるけど その子にあった フォローをしてくれたら…悔やんでも悔やみきれない。私は許さない‼


  • コメントをどうぞ

    お名前欄が空欄だと匿名になります。
    コメントは承認後の公開となります。