新東名高速でバス火災 路線高速バスから出火し全焼 乗員乗客41人が避難の大騒動に

新東名高速でバス火災 路線高速バスから出火し全焼 乗員乗客41人が避難の大騒動に

愛知県岡崎市の新東名高速道路の上り線で9月9日午前8時45分頃、JR東海の路線バス(高速バス)「新東名スーパーライナー新宿4号」から出火するバス火災があり、乗っていた乗員乗客41人が避難しました。幸いにもケガ人はいませんでしたがバスが全焼したほか、火事の影響で豊田東JCT~岡崎東IC間が約2時間半にわたって通行止めとなりました。

走行中のバスから出火し激しく燃えたこのバス火災は9日愛知県岡崎市米河内町の新東名高速・上り線の本線上で名古屋から東京に向かっていたJR東海の高速バスから突然出火したもので、通報を受けて駆け付けた消防が消火活動に当たった結果、火は1時間後に消し止められました。

この火事・火災でバスに乗っていた男性運転手1人と乗客40人の41人が避難する騒ぎとなりましたが、幸いにもケガ人はおらず無事が確認されています。

出火し全焼した高速バスはJR東海バスの「新東名スーパーライナー新宿4号」で、午前7時45分に名古屋駅を出発後、東京駅に向かっていたということです。出発前の点検では異常はなかったとみられ、火はエンジンがある車体の後ろ側から出火した可能性が高い。

バスを運転していたのは49歳の男性運転手で、バスについている自動消火装置の警報音が鳴りサイドミラーで確認したところ、車体の後ろ側から火が出ているのが見えたという。

全焼したバスに乗っていた乗客の方によると、高速バスは名古屋駅を出発してから約1時間後に「ボン」と爆発音がした後に車体の後方から白い煙が出た後、バスが路肩に寄ってから間もなくして炎が上がったということです。

警察と消防が出火原因を調べると共にバスに設置されたドライブレコーダー映像を解析するなどして事故当時の状況や出火原因について調べを進める方針だということです。

(高速バスから出火し全焼した事故現場の愛知県岡崎市米河内町の周辺地図)

ツイッターにはバス火災で全焼した高速バスに乗っていた乗客の方が撮影した出火直後のJR東海バスの車体を撮影した動画や写真が相次いで投稿されており、路肩に避難する乗客や黒煙、激しく燃え上がっている様子が確認出来ます。

新東名高速でバス火災 路線高速バスから出火し全焼 乗員乗客41人が避難の大騒動に