広島県三次市で逃走した男が川に飛び込み行方不明 盗難車運転の男に警官が威嚇発砲

広島県三次市で逃走した男が川に飛び込み行方不明 盗難車運転の男に警官が威嚇発砲

広島県安芸高田市甲田町の交差点で9月8日午前0時25分頃、盗難の被害届が出されている軽自動車をパトロール中の警察官2人が発見し職務質問を行なおうとしたところ運転手の男が車で逃走。三次市下志和地町で事故を起こして停車しましたが、車を運転していた男が増水した川に入って逃走・行方不明となる事件がありました。

男が川に入る前、追跡していた警察官が男に止まるよう、空に向けて威嚇発砲(1発)をしましたが、男は無視して川に飛び込みました。警察が逃げた男の行方を追っていましたが、9日朝に通報があり三次市内のバス停で住所不定・折戸雅弥容疑者の身柄確保・逮捕しました。

(9月9日午後4時頃に追記)

盗難車を運転していた男が職務質問を振り切って逃走した後、増水した川に飛び込んだこの事件は8日深夜、広島県安芸高田市甲田町の県道交差点で盗難届が出ている軽自動車を県警安芸高田署の警察官2人が見つけたもので、1人で車を運転していた男に職務質問をしようとしたところ、車で逃走。

警察官らがパトカーで追跡を続けたところ、現場から約7キロ離れた三次市下志和地町の県道交差点でガードレールに衝突し停車しましたが、男は車を乗り捨ててさらに逃走。約200メートル走って近くの河川敷に逃げ込みました。

警察官は逃走を続けそうな男に対し、逃走防止と身の安全のため拳銃を構え「(川に)入るな、撃つぞ」と警告したものの、男は「撃ってみろ」と話したため、巡査部長が上空に向けて1発を威嚇射撃しましたが、雨で増水した川に飛び込んで逃走したということです。

川に飛び込んだ男は年齢20代で身長170センチ前後のスポーツ刈り。痩せ形でベージュの長袖シャツを着て黒色のハーフパンツ姿だったという。男は最初に発見された安芸高田市甲田町の交差点から車で逃走している最中に信号無視を繰り返しており、三次市下志和地町の県道交差点でガードレールに衝突・事故を起こしていました。

警察が川に飛び込み行方不明となっていた男の行方を捜索していましたが、9日午前7時すぎに川から約200メートル離れた三次市内のバス停でしゃがみ込んでいる男の身柄を確保。住所不定・折戸雅弥容疑者(24)を公務執行妨害と道路交通法違反の疑いで逮捕しました。容疑者は黙秘しているということです。

また、川の下流から河川敷に上がって逃走を続けている可能性も考えられるため、警察は不審な人物を見つけた場合は通報するように呼び掛けています。

(盗難車を運転していた男が川に入って逃走した広島県三次市下志和地町の周辺地図)

広島県三次市で逃走した男が川に飛び込み行方不明、盗難車運転の男に警官が威嚇射撃…Twitterの声

広島県三次市で逃走した男が川に飛び込み行方不明 盗難車運転の男に警官が威嚇発砲

1 個のコメント


  • コメントをどうぞ

    お名前欄が空欄だと匿名になります。
    コメントは承認後の公開となります。