千葉県大多喜町で殺人事件 息子の服部和男容疑者が寝たきりの父親を殺害容疑 介護疲れの犯行か

千葉県大多喜町で殺人事件 息子の服部和男容疑者が寝たきりの父親を殺害容疑 介護疲れの犯行か

千葉県大多喜町の住宅で9月6日午前8時20分頃、この家に住む服部恭治(はっとりきょうじ)さん(88)が首を絞めて殺害される殺人事件があり、同居する息子の服部和男(はっとりかずお)容疑者(62)が殺人未遂容疑で逮捕されました。

警察は容疑を殺人に切り替えて捜査を進めており、殺害された父親は寝たきりで介護をしていたということで介護疲れによる犯行の可能性が高いということです。

自宅で同居していた88歳の父親の首を62歳の息子が絞めて殺害したこの殺人事件は6日朝、千葉県大多喜町紙敷の住宅でこの家に住む服部恭治さんが首を電気コードで絞められ殺害された事件で、息子・服部和男容疑者が犯行後に「父親を殺した」と警察に通報したことで発覚したもの。

通報で駆け付けた警察官が家の中で倒れている服部恭治さんを発見。男性は現場で死亡が確認され、警察官が同居していた服部和男容疑者を殺人未遂容疑で現行犯逮捕しました。

逮捕された服部和男容疑者は殺害した父親と事件現場の住宅で2人暮らしをしていたという。体調を崩して寝たきり状態だった服部恭治さんの介護をしていて「将来に不安があった」「殺害したことに間違いない」などと供述し容疑を認めているということです。

警察は容疑を殺人に切り替えて捜査を進める方針を固めており、介護疲れにより犯行の可能性が高いとみて事件の経緯や当時の状況について詳しく調べています。

(事件現場の住宅がある千葉県大多喜町紙敷の周辺地図)
千葉県大多喜町で殺人事件 息子の服部和男容疑者が寝たきりの父親を殺害容疑 介護疲れの犯行か