青森県五所川原市で殺人事件 市営広田団地の一室で對馬美千代さんが殺害される 同居の息子が殺害とみて捜査

青森県五所川原市で殺人事件 市営広田団地の一室で対馬美千代さんが殺害される 同居の息子が殺害とみて捜査

青森県五所川原市みどり町の市営団地「市営住宅広田団地」で9月6日午前4時10分頃、この市営住宅の一室に住むスナック経営・對馬美千代(つしまみちよ)さん(50)が首から血を流して倒れているのを発見し消防に通報。首に刺し傷があったことから殺人事件の可能性が高いとみて、同居していた23歳の息子から事情を聴いており、事件に関与した疑いがもたれている。

警察は事情を聴いていた對馬純也(つしまじゅんや)容疑者(23)が母親の首を文化包丁で刺して殺害したとして、殺人容疑で逮捕しました。容疑を認めています。

(9月6日午後6時頃に追記)

市営住宅の一室で女性が殺害された可能性が高いこの事件は6日未明、青森県五所川原市みどり町1丁目の市営団地「市営住宅広田団地」の一室でスナック経営者の女性・對馬美千代さんが首から血を流して倒れているのを20代の娘が発見し「母親が血を吐いている」と消防に通報したことで発覚。

對馬美千代さんは搬送先の病院で死亡が確認され、首に刺し傷があったことなどから青森県警が殺人事件の可能性が高いとみて捜査を開始。

殺害された女性は20代の娘と息子の3人で暮らしており、事件直後から息子の所在が不明となりましたが午前7時頃に自宅から約3キロ離れた市内の商店街で身柄を確保。

現在、20代の息子の身柄を警察署へ移した上で事情を聴いており、この息子が母親の對馬美千代さんの首を切りつけるなどして殺害した可能性が高いとみられている。また、市内で身柄を確保した際、凶器などは所持していなかったということです。

その後の捜査で事情を聴いていた23歳の息子・對馬純也容疑者が「母親の首を刺した」と容疑を認めたため、殺人容疑で逮捕しました。逮捕容疑は6日午前4時すぎ、母親の首を刃渡り約15センチの文化包丁で殺意を持って刺して殺害した疑いがもたれています。

殺害された對馬美千代さんは発見当時、意識があったということで、現場の状況などから通報の直前に息子に襲われたとみて県警五所川原署が詳しく調べている。

事件現場となった市営団地の場所はJR五所川原駅から南に約3キロ離れた「市営住宅広田団地」の一角とみられています。

(對馬美千代さんが首から血を流して倒れていた市営団地がある青森県五所川原市みどり町1丁目の周辺地図)
青森県五所川原市で殺人事件 市営広田団地の一室で対馬美千代さんが殺害される 同居の息子が殺害とみて捜査