メルカリでウイルス情報販売容疑 中学1年の男子中学生を児童相談所に通告

メルカリでウイルス情報販売容疑 当時中学1年の男子生徒を児童相談所に通告

フリーマーケットアプリ「メルカリ」でコンピューターウイルスのダウンロード方法に関する情報を販売(出品)した疑いで奈良県警は、当時中学1年生で現在、中学2年の男子中学生(13)を児童相談所に通告しました。販売されていたウイルスはダウンロードすると男性の顔のアイコンが画面に現れるもので、悪用された形跡はなかったということです。

メルカリにコンピューターウイルスの入手情報を出品し4人に販売した疑いで男子中学生が児童相談所に通告されたこの事件は大阪府に住む中学2年の男子中学生(当時中学1年生)が今年3月12日から13日にかけ、メルカリのアプリ上でウイルスをダウンロードする方法を出品・販売したもの。

また、男子中学生から情報を得たとして京都府や兵庫県などに住む14歳から19歳の少年4人を書類送検しており、いずれも容疑を認めているということです。

14歳未満で刑事処分の対象とならないことから、不正指令電磁的記録提供の非行内容で児童相談所に通告された男子中学生は「小遣いが欲しかった」と行為を認めており、今後は児童相談所が本人や保護者に事実関係を確認した後、指導をする方針だという。

男子中学生はウイルスをダウンロード出来るサイトを教えた見返りにメルカリ内で使用できるポイント5360円分を得ており、ウイルスをダウンロードするとスマートフォンの画面上に男性の顔のアイコンが現れるものだということです。

これまでにウイルスが悪用された形跡はなかったという。県警は今年3月中旬頃に実施したサイバーパトロールで出品を確認後、捜査を進めていました。

メルカリでウイルス情報販売の非行内容、中学1年の男子中学生を児童相談所に通告…Twitterの声

メルカリでウイルス情報販売容疑 当時中学1年の男子生徒を児童相談所に通告

コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。