三重県名張市で飲酒死亡事故 森川直哉容疑者を現行犯逮捕 バス停付近の歩行者がはねられ1人死亡

三重県名張市で飲酒死亡事故 森川直哉容疑者を現行犯逮捕 バス停付近の歩行者がはねられ1人死亡

三重県名張市つつじが丘北1番町の市道で9月4日午前5時35分頃、飲食業・森川直哉(もりかわなおや)容疑者(25)が運転する車が歩道のバス停に突っ込む事故を起こし、63歳の男性が死亡し60歳の男性が重傷を負いました。森川直哉容疑者の呼気からは基準値を超えるアルコールが検出され過失運転致傷と酒気帯び容疑で現行犯逮捕しています。

酒気帯び状態の男が運転する車が60代の男性2人をはねて1人が死亡したこの事故は4日早朝、三重県名張市つつじが丘北1番町の市道で乗用車が対向車線に飛び出し、歩道のバス停留所付近にいた永田忠生さんと60歳の男性がはねられた事故。

この事故で車に突っ込まれはねられた永田忠生さんが搬送先の病院で約2時間後に死亡が確認され、もう1人の名張市に住む60歳の男性も頭を打って重傷だということです。

歩道に突っ込んだ車を運転していたのは名張市つつじが丘の飲食業・森川直哉容疑者でアルコール検査で基準を超えるアルコールが検出されたことから、飲酒(酒気帯び)した状態で車を運転し事故を起こしたことが判明。

警察は過失運転致傷と酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕しており、今後、容疑を過失運転致死傷に切り替えて捜査を進める方針を固めている。

酒気帯びで事故を起こした森川直哉容疑者は警察の調べに対して「酒を飲んで車を運転し、人とぶつかったことは間違いない」と容疑を認める供述をしているということで、警察は車を運転していた男がどこで酒を飲んでいたのかなど、当時の状況について詳しく調べています。

また、バス停付近に突っ込んだ車には25歳の男性(飲食業)も同乗していたとみられ、警察はこの男性からも事情を聴くなどして詳しく調べている。

(事故現場となった三重県名張市つつじが丘北1番町の市道周辺の地図)
三重県名張市で飲酒死亡事故 森川直哉容疑者を現行犯逮捕 バス停付近の歩行者がはねられ1人死亡

コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。