原田実里さん殺人事件 犯人の男を逮捕 茨城大学女子大生殺害・死体遺棄事件が13年越しに解決

原田実里さん殺人事件 犯人の男を逮捕 茨城大学女子大生殺害・死体遺棄事件が13年越しに解決

13年前の2004年(平成16年)1月31日早朝、茨城県阿見町のアパートに住む茨城大学農学部2年生の女子大学生・原田実里(はらだみさと)さん(当時21歳)が殺害され遺体が発見された未解決の殺人事件茨城大学女子大生殺害事件)で、茨城県警は9月2日までに原田実里さんを殺害し遺体を美浦村舟子の清明川に遺棄した疑いが強まったとして35歳のフィリピン人の男を逮捕しました。

強姦致死と殺人の疑いで逮捕されたのは、フィリピン国籍で岐阜県瑞穂市祖父江の工員 ランパノ・ジェリコ・モリ容疑者(35)。他にも事件当時、未成年だったフィリピン国籍の33歳と31歳の男2人が事件に関与している疑いがもたれているが、既に出国しており国際手配する方針を固めた。

(9月3日午前1時頃に追記)

13年前に事件が起きて未解決となっていた茨城大学女子大生殺害事件は2004年1月31日早朝、霞ケ浦に流れ込む美浦村舟子の「清明川」の河口付近で若い女性の全裸遺体が浮かんでいるのが見つかった事件で、身元は茨城大学農学部2年生の女子大生・原田実里さんと判明。

遺体が発見されたのは茨城県阿見町の自宅アパートから約6キロ離れた場所で、原田実里さんは31日深夜に自宅を自転車で出た後の足取りが分かっておらず、川に浮かんでいた遺体の首や胸など複数の箇所に刺し傷があったことなどから殺人事件と断定。

死因は絞殺とみられ死亡推定時刻は31日午前2時前後だったという。乗っていた自転車は自宅アパートから北西に8キロ離れた土浦市小岩の一角で見つかったが、遺体発見現場とは正反対だったことに加え、財布や携帯電話が置かれたままで外出当時の状況など多くの謎が残されている事件です。

また当時、原田実里さんは家を出る際、家の中で寝ていた交際相手の男性に「友人に会いにでかける。遅くなる」といった直筆らしきメモが残されていたが、どのような意図でメモを残したのかは不明となっている。

当時、捜査員を動員して犯人の行方を追っていましたが犯人逮捕には至らず未解決事件として茨城県警が殺害された原田実里さんの特徴や顔写真を公開するなどして広く情報提供を呼び掛けていましたが、捜査本部は9月2日、岐阜県瑞浪市在住で工員のランパノ・ジェリコ・モリ容疑者(35)を強姦致死と殺人の疑いで逮捕した。

被害者は誘拐された後、複数の男らに強姦され遺体から検出されていたDNA型が逮捕されたフィリピン国籍の男と一致したことが逮捕へと繋がった。容疑者は事件が起きた当時、茨城県土浦市内に住んでおり犯行が可能な状況だったということです。

また、この事件は当初から複数犯の犯行の可能性が高いとして捜査が進められていましたが、警察は共謀して原田実里さんを強姦・殺害した疑いが強まった33歳と31歳のフィリピン人の男2人の逮捕状を取っており、2人は既に出国しているため近く、国際手配する方針を固めています。

(殺害された原田実里さんの遺体が発見された茨城県稲敷郡美浦村の周辺地図:遺体発見現場は清明川の河口付近)

原田実里さん殺人事件で犯人の男を逮捕、茨城大学女子大生殺害事件が13年越しに解決…Twitterの声

原田実里さん殺人事件 犯人の男を逮捕 茨城大学女子大生殺害・死体遺棄事件が13年越しに解決

3 件のコメント

  • 本当にDNA一致したの?
    地元民だけど、信じられないわ
    フィリッピン人の人、原田実里さんを殺害したって認めてるの?
    事情聴収書見てみたいわ!

  • 犯人の正体は誰なんだろ?
    当時のニュースで原田実里さんが家から出た時、部屋に誰かいたような…