小説家「牧原のどか」こと前田和子さんが愛知県刈谷市内でバイク事故 搬送先の病院で死亡

小説家「牧原のどか」こと前田和子さんが愛知県刈谷市内でバイク事故 搬送先の病院で死亡

愛知県刈谷市稲場町の信号機のない交差点で8月31日午後4時半頃、刈谷市泉田町在住の小説家・前田和子さん(52)が運転する原付バイクと半田市在住の58歳の会社員が運転する乗用車が出会い頭に衝突する交通事故があり、前田和子さんが搬送先の病院で死亡しました。

刈谷署によると女性は「牧原のどか」のペンネームで活動する小説家の方だったということです。

原付バイクと乗用車が衝突したこの交通事故は31日夕方、愛知県刈谷市稲場町5丁目の市道の交差点(信号機なし)で 牧原のどか さんこと前田和子さんが運転する原付バイクと58歳の会社員が運転する乗用車が交差点内で衝突した事故です。

事故当時の詳しい状況などは分かっておらず、県警刈谷署が詳しく調べていますが、原付バイクを運転していた前田和子さんは搬送先の病院で死亡が確認されました。死因は出血性ショックだったとみられています。

死亡した前田和子さんは「牧原のどか」の名前で小説を出版しており、代表作は「ダィテス領攻防記」だという。(現在8巻まで出版)

自身のツイッターでは頻繁に呟いており、事故で亡くなった8月31日は午後2時18分に投稿されたツイートが最後となり、約2時間後に刈谷市内で事故に遭って死亡したとみられています。

ツイッターアカウントの最後のツイートには牧原のどかさんを応援していた方から「お悔やみを申し上げます」「何があるか分からないものですね」といった声が寄せられている。

(牧原のどかこと前田和子さんが事故に遭い死亡した現場周辺の地図:愛知県刈谷市稲場町)
小説家「牧原のどか」こと前田和子さんが愛知県刈谷市内でバイク事故 搬送先の病院で死亡

1 個のコメント

  • 未だに信じられねえええええええええええええええええええ!
    夢なら覚めてくれえええええええええええええええええええ!


  • コメントをどうぞ

    お名前欄が空欄だと匿名になります。
    コメントは承認後の公開となります。