中央自動車道で交通事故 積荷が高架下の国道に落下し車を直撃 多治見IC付近でトラックの衝突事故

中央自動車道で交通事故 積荷が高架下の国道に落下し車を直撃 多治見IC付近でトラックの衝突事故

岐阜県多治見市光ケ丘の中央自動車道中央道)・多治見インターチェンジ(IC)付近で8月30日午後1時50分頃、上り線の本線上で大型トラックが道路舗装の作業車に突っ込む交通事故があり、衝突の弾みでトラックに積まれていた荷物などが下を通る国道248号線に落下しました。国道を走っていた車4台が落下した荷物に衝突するなど、合わせて9人が死傷しました。

(8月30日午後5時頃に追記)

本線上でトラックと乗用車が衝突し積荷が高架下の国道に落下したこの交通事故は30日午後、岐阜県多治見市の中央自動車道上り線の多治見IC付近で発生したもので、本線上で道路舗装の作業車に大型トラックが突っ込んだもの。

事故の弾みでトラックの積荷と工事現場に設置されていた簡易トイレなどが高架下を通る国道248号に落下し、国道を走行していた車4台が巻き込まれ運転手など3人がケガを負いました。

中央自動車道の本線上で起きた事故では大型トラックが工事現場に突っ込み、作業員など5人が負傷してこのうち1人が搬送先の病院で死亡が確認されました。積荷の落下で起きた事故の負傷者と合わせて8人が重軽傷を負っており、警察と消防が出動して対応にあたっている。

中央道の事故現場周辺にはトラックの積荷とみられるオレンジ色のビーズが散乱しており、国道にも同じようにオレンジ色のビーズが広範囲にわたって散乱しているようです。

この事故の影響で中央自動車道の上り線(諏訪・東京方面)では午後2時2分頃から小牧東ICから多治見IC間の区間が通行止めとなっており、事故処理が行なわれています。

また、積荷が落下した国道248号線の下り線も同様に事故処理が行なわれているため、現場付近で通行止めとなっている。

ツイッターには積荷が落下した国道248号から撮影した事故現場の写真が投稿されており、事故に巻き込まれた乗用車のフロント部分が大破しているのとオレンジ色のビーズが周辺に散乱しているのが確認出来ます。

岐阜県多治見市の中央自動車道で交通事故、積荷の粉末が高架下の国道248号に落下し車を直撃 負傷者多数…Twitterの声

中央自動車道で交通事故 積荷が高架下の国道に落下し車を直撃 多治見IC付近でトラックの衝突事故

コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。