電通に臨検監督(強制抜き打ち調査)が入るも「遅い」といった声=高橋まつりさんの過労死事件で労働局が動く

電通に臨検監督(強制抜き打ち調査)が入るも「遅い」といった声=高橋まつりさんの過労死事件

大手広告会社「電通」社員だった高橋まつりさん(当時24)が長時間労働が原因で過労死し、労災認定された「電通社員過労死自殺事件」をうけ、10月14日午後、東京労働局と三田労働基準監督署の過重労働撲滅特別対策班(通称:かとく)が電通本社と大阪などの事業所に臨検監督(強制抜き打ち調査)に入りました。

電通への臨検は14日午後のトップニュースで報じられたものの、ネット上では「臨検入るのが遅いんじゃないか」といった声が聞かれました。

臨検監督に入るきっかけとなったのは、電通社員だった高橋まつりさんが4月に入社し、同じ年の12月25日のクリスマスに寮から飛び降り自殺を図った。高橋まつりさんは月で最大130時間を超える残業や休日出勤が確認されており、先月、三田労基署が「うつ病を発症し、自殺に至った」と、労災認定している。電通では過去(1991年)にも入社2年目の男性社員が過労死しており、労働局などはこの時の反省が社内で十分生かされていないと判断。14日の臨検へと踏み切った形となった。

臨検後、電通の労使協定が認めていない月70時間超の時間外労働など具体的な法令違反を確認した上で是正勧告(行政指導)する方針。悪質と判断した場合は刑事処分を求める書類を検察庁に送ることも検討しているということです。

電通本社以外の全事業所でも臨検監督(強制抜き打ち調査)実施

14日に労働局によって行われた臨検(抜き打ち調査)は、東京都港区にある電通本社だけでなく、大阪などの電通事業所も対象にしているということで、厚生労働省として異例の対応だということです。厚生労働省は、社員の勤務実態を調べたうえで、労務管理などに問題が見つかれば、再発防止に向けて改めて指導する方針ということです。

電通がコメント「調査に協力姿勢」

電通は取材に対し、東京労働局の抜き打ち調査が入っていることを認めたうえで、「調査には全面的に協力しています」というコメントを出しています。

長谷川秀夫氏の高橋まつりさん 電通過労死事件に対するコメントで炎上=武蔵野大学の教授で元東芝役員

2016.10.08

高橋まつりさん電通入社後の自殺を過労死判断、労災認定=クリスマスに飛び降り自殺、電通側の非は?

2016.10.08

電通関連施設に臨検(抜き打ち調査)Twitterの反応

電通社員過労自殺事件をうけ、電通に東京労働局と三田労働基準監督署が臨検に入ったニュースはTwitter上でも話題にあがっています。法令違反があがった場合、是正勧告(行政指導)を行うとしていますが、電通が大きく変わるきっかけとなるのでしょうか。

Twitterなどのネット上では「電通は変わらないよね」といった声が相次いで投稿されています。

電通に臨検監督(強制抜き打ち調査)が入るも「遅い」といった声=高橋まつりさんの過労死事件

Twitterフォローお願いします

ニュースメディア「MoreNews」のTwitterアカウントをフォローして頂ける方を募集中です
注目の時事ニュースの更新情報をSNS上で配信していますので、アカウントをお持ちの方は是非フォローして下さい! (現在のフォロワー数は約2300人)

1 個のコメント

  • 電通という朝鮮会社なんか潰してしまえ。
    日本にとって害でしかない。
    日本の広告代理店なんかはほとんど牛耳られこの会社があるせいで反日が元気。