群馬サファリパークで事故 飼育員の研修生がゾウに足を踏まれ重傷 右足骨折の疑い

群馬サファリパークで事故 飼育員の研修生がゾウに足を踏まれ重傷 右足骨折の疑い

群馬県富岡市岡本の群馬サファリパークで8月30日午前10時頃、飼育員でインドネシア人の研修生がオスのスマトラゾウ(約2トン)を獣舎から展示スペースに誘導中、腰付近をゾウに踏まれ重傷を負う事故が起きました。飼育員の男性は搬送当時、意識があり重傷ですが命に別状はないとみられています。

飼育員の男性がスマトラゾウに踏まれたこの事故は30日午前、群馬県富岡市の群馬サファリパークの施設関係者から「飼育員が象に踏まれた」と消防に通報があり発覚した事故で、ゾウに踏まれた飼育員は30代のインドネシア人の男性で人事交流で来日していたとみられる。

飼育員を踏みつけたゾウは8歳でオスのスマトラゾウとみられ、体重は推定2トンだという。また、踏まれたインドネシア人の男性は8月29日に来日したばかりで事故が起きた30日はゾウの餌やりなどをやっていたということです。

事故当時、飼育員の男性はスマトラゾウを獣舎から展示スペースに誘導していたとみられ、別のインドネシア人の男性と作業中でした。右足骨折の疑いがあるが、搬送時は意識があり病院で検査や治療を受けているということです。

(事故が起きた群馬サファリパークの場所と周辺地図:群馬県富岡市岡本1)
群馬サファリパークで事故 飼育員の研修生がゾウに足を踏まれ重傷 右足骨折の疑い

コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。