三重県四日市市で死体遺棄事件 ペルー人の男を遺棄容疑で逮捕 殺人の可能性も視野に捜査

三重県四日市市で死体遺棄事件 ペルー人の男を遺棄容疑で逮捕 殺人の可能性も視野に捜査

三重県四日市市大治田3丁目のアパート駐車場で8月29日午後2時半頃、駐車されていた車のトランクに入っていたクーラーボックスからブラジル国籍の26歳の母親の娘で腐敗が進んだ6歳女児の遺体が見つかる死体遺棄事件がありました。

警察は内縁の夫で女児と同居していた35歳のペルー人=トクダ・バレロ・フェルナンド・ホセ容疑者(35)を死体遺棄容疑で緊急逮捕しました。殺人の疑いも視野に捜査を進めている。

(8月30日午前1時頃に追記)

クーラーボックスの中から女の子の遺体が見つかり内縁の夫でペルー国籍の男が逮捕されたこの事件は29日午後、三重県四日市市大治田3丁目のアパート前に駐車されていた車の車内から見つかったクーラーボックスから6歳女児の遺体が発見された事件で、ブラジル国籍の女児の母親の女性(26)が「夫が娘を殺したかもしれない」と入院先の病院を通じて警察に通報があったもの。

三重県警四日市南署の警察官が四日市市大治田にある女性の自宅アパートに駆け付け詳しく調べたところ、アパート前に駐車中の車のトランクからクーラーボックスが発見され、中から腐敗が進み死後数日が経過している6歳の娘の遺体が見つかりました。

女児の母親は今年7月から出産のため四日市市内の病院へ入院しており、8月20日頃に面会へ来た内縁の夫で35歳のペルー人の男が「娘が動かなくなった」などと話しており、母親が29日になって病院を通じて警察に通報したということです。

当時、「入院している26歳の女性が『夫が娘を殺したかもしれない』と話している」と四日市南署に通報があったという。

これまでの調べで、遺体で見つかったのは身長約120センチの母親の次女と確認され、発見当時は全裸で毛布に巻かれてクーラーボックスに入れられており、腐敗が進んでいたという。警察は30日にも遺体の司法解剖を行ない詳しい死因を調べる予定。

死体遺棄容疑で緊急逮捕した母親の内縁の夫でペルー人の男(トクダ・バレロ・フェルナンド・ホセ容疑者)から事件の経緯について詳しく聴いており、逮捕したペルー人の男が「頭を殴った」と供述していることからも、この男が殺害した疑いも視野に詳しく調べる方針です。

事件現場となったアパートの場所はJR関西線・南四日市駅から南に約1キロ離れたの工場やアパートが建ち並ぶ一角に建つ集合住宅「コーポひまわり」の駐車場で、病院に入院していた女性の自宅とみられている。

(クーラーボックスから女児の遺体が見つかったアパートの周辺地図:三重県四日市市大治田3丁目)
三重県四日市市で死体遺棄事件 ペルー人の男を遺棄容疑で逮捕 殺人の可能性も視野に捜査