寺内樺風被告 自らをオオタニケンジと名乗り奇声を上げ判決公判が延期「からあげクン増量」など不規則発言

寺内樺風被告 自らをオオタニケンジと名乗り奇声を上げ判決公判が延期「からあげクン増量」など不規則発言

埼玉県朝霞市に住む16歳の少女を誘拐し約2年間にわたって監禁するなどした誘拐事件(埼玉少女誘拐事件)で寺内樺風(てらうちかぶ)被告(25)の判決公判が8月29日、さいたま地裁で開かれましたが、寺内樺風被告が法廷で「オオタニケンジでございます」「森の妖精です」「1個からあげクン増量中」など発言したことを受け、開廷直後に休廷を宣言した後、延期が決まりました。

寺内樺風被告は昨年3月、約2年ぶりに保護された埼玉県朝霞市の少女(16歳)を誘拐・監禁した誘拐事件で未成年者誘拐と監禁致傷、窃盗の罪に問われており、29日に開かれた判決公判で奇声を上げるなど不規則発言を繰り返したため、公判が休廷された後、延期が決まったものです。

寺内樺風被告は「イエス、イエス」「パチンコ・スロット夢らんど」などと奇声を上げながら入廷した後、松原里美裁判長に名前などを聞かれると「私はオオタニケンジでございます」「年齢は16歳です」と話し、続けて「現住所は群馬県高崎市のオートレース場。職業は森の妖精でございます」と説明。

裁判長が「私が言っていることが分かりますか」と尋ねると「日本語が分かりません」などと話した上、再び「私はオオタニケンジでございます」と話したという。また、ここはどこですか?という質問には「トイレです。私はおなかが空いています」「今なら1個からあげクン増量中」などと意味不明な答えを続けた。

裁判長は「少し落ち着きましょう」と言い、休廷を言い渡したということで、午前11時までの休廷を告げ11時10分から公判が再開されたが、判決言い渡しの延期を宣言。期日は未定です。

「私はオオタニケンジでございます」などと話した寺内樺風被告はこれまでにも公判で奇妙な言動を繰り返しており、責任能力の程度が主な争点となっていました。

埼玉少女誘拐事件の公判で寺内樺風被告、自身をオオタニケンジと名乗り奇声を上げる…Twitterの声

寺内樺風被告 自らをオオタニケンジと名乗り奇声を上げ判決公判が延期「からあげクン増量」など不規則発言