愛知県阿久比町で死体遺棄事件 笹川正一容疑者が妻の遺体を浴室に放置した疑いで逮捕

愛知県阿久比町で死体遺棄事件 笹川正一容疑者が妻の遺体を浴室に放置した疑いで逮捕

愛知県阿久比町草木の住宅で70代の妻の遺体を浴室に放置した疑いで、この家に住むアルバイト・笹川正一(ささがわしょういち)容疑者(78)が死体遺棄容疑で逮捕される事件がありました。逮捕された夫は8月25日頃に浴室で妻の遺体を発見しましたが、警察に届け出ずに放置した疑いがもたれており、3日後に警察に通報していました。

78歳の夫が70代の妻の遺体を発見したにも関わらず放置した疑いで逮捕されたこの死体遺棄事件は8月28日朝、愛知県阿久比町(あぐいちょう)草木の住宅で暮らす夫・笹川正一容疑者から「妻が風呂で倒れている」と通報があり発覚した事件で、駆け付けた警察官が浴室で高齢女性の遺体を発見。

遺体を詳しく調べたところ目立った外傷はなく死後数日が経過しており、連絡が取れなくなっている笹川正一容疑者の妻の遺体とみられることが判明。

笹川正一容疑者を追及したところ、妻が倒れているのは25日頃に発見したが「お風呂の床で寝ていて生きていると思った」などと話し、妻が死亡していたとは思っていなかったと供述。

警察は遺体の身元が妻の可能性が高いとみて身元の確認を進めると共に、死亡した経緯についても詳しく調べる方針を固めています。

住宅の浴室で見つかった女性の遺体は発見当時、全裸で目立った外傷はなかったが死後数日が経過し浴室には水が溜まった状態だったということで、29日朝から自宅の実況見分を行なっています。

(死体遺棄容疑で逮捕された笹川正一容疑者の自宅がある地域の周辺地図:愛知県阿久比町草木)
愛知県阿久比町で死体遺棄事件 笹川正一容疑者が妻の遺体を浴室に放置した疑いで逮捕

1 個のコメント