六本木の工事現場から鉄パイプ落下、飯村一彦さんに突き刺さり死亡確認=東京都港区六本木で死亡事故

六本木の工事現場から鉄パイプ落下、飯村一彦さんに突き刺さり死亡確認=東京都港区六本木で死亡事故

東京都港区六本木駅の近くの「六本木通り」で14日午前、改修作業を終えたマンションの工事現場から鉄パイプが落下し、下を歩いていた70代夫婦を直撃。夫の飯村一彦さん(77)の頭に突き刺さり、その後死亡が確認される死亡事故が起きました。

この死亡事故は、10月14日午前10時前、東京・港区六本木の六本木通り沿いのマンションの工事現場から長さ約1メートル80センチの鉄パイプが落下し、歩行者の頭を直撃したものです。落下した鉄パイプは工事現場の足場に使われていたもので、足場の解体作業中に建物の10階部分から落下したとみられています。

落下した鉄パイプは六本木通りを歩いていた夫婦を直撃し、夫の東京都新宿区・飯村一彦さん(77)が意識不明の重体で病院へ搬送されたが、間もなく死亡が確認された。一緒に歩いていた70代の妻も病院に運ばれましたが、けがは無かったということです。

鉄パイプ落下で男性死亡、事故原因は?

事故現場となった東京都港区六本木の工事現場では、マンションの改装工事を終えたところで、14日は足場の解体が行われていたようです。

その足場の解体作業中に使われていた長さ1メートル80センチの鉄パイプがマンション10階部分から落下したということです。

事故原因に関しては、作業員が誤って鉄パイプを落とした可能性が高いものの、マンションの周りには部品の落下を防ぐためのネットが張られていました。

しかし、鉄パイプが路上まで落ちてしまい、警視庁は工事現場の安全管理に問題があった可能性があるとして、業務上過失致死の疑いで関係者から話を聞くと共に、詳しい経緯を調べています。

目撃者の証言は

この事故が起きた当時、近くにいた人は「男性が倒れていて血だらけだった」「パトカーや救急車が瞬く間に集まってきた」などと話しています。

頭に鉄パイプが刺さったとなるとかなりの出血だったと予想され、現場は物々しい雰囲気だったようです。

事故現場と周辺の地図

現場は東京メトロの六本木駅から北東へ約300メートルの六本木通り沿いの繁華街で、オフィスビルや飲食店などが建ち並ぶ一角です。

六本木通りの工事現場から鉄パイプ落下…Twitterの声

六本木のマンション工事現場から鉄パイプが落下し、六本木通りを歩いていた飯村一彦さんの頭に突き刺ささるという死亡事故が起きました。この事故はTwitterでも話題に上がっており、ここ最近起きている悲惨な事件・事故(幸楽苑の親指混入事件やバイク男性の上半身切断など)に続いたこともあってか、「最近悲惨な事故が多すぎる」「グロい事故ばっかり…」という声があがっています。

現場のマンションでは改修作業が終わり、14日は足場の解体が行われており、部品の落下防止ネットが設置されていましたが機能しなかったようです。警視庁は安全管理に問題があったとして、詳しい事故原因を調べると共に、業務上過失致死の疑いもあるとみて調べています。

六本木の工事現場から鉄パイプ落下、飯村一彦さんに突き刺さり死亡確認=東京都港区六本木で死亡事故

Twitterフォローお願いします

ニュースメディア「MoreNews」のTwitterアカウントをフォローして頂ける方を募集中です
注目の時事ニュースの更新情報をSNS上で配信していますので、アカウントをお持ちの方は是非フォローして下さい! (現在のフォロワー数は約2300人)