福島市のモーターグライダー墜落事故 行方不明の機体を山中で発見 高木政基さんの死亡を確認

福島市のモーターグライダー墜落事故 行方不明の機体を山中で発見 高木政基さんの死亡を確認

福島市大笹生の飛行場「ふくしまスカイパーク」を飛び立ったエンジン付きグライダー(モーターグライダー)が8月27日午後から行方不明となり捜索が続いていましたが、28日午前8時すぎ、福島市町庭坂の山中で墜落した機体を発見。搭乗員2人のうち66歳の男性が心肺停止状態で発見され死亡が確認されました。

機体は福島市町庭坂神ノ森のつばくろ谷に架かる不動沢橋の近くで発見された。

モーターグライダーが山中に墜落したこの事故は27日午後1時10分頃、福島市大笹生の「ふくしまスカイパーク」を飛び立ったモーターグライダー「ホフマンH36型」が行方不明となっていたもので、翌28日朝に福島市町庭坂の山中に墜落した機体が発見されました。

モーターグライダーに乗っていたのは東京都港区の会社員・高木政基(たかぎまさき)さん(66)と仙台市若林区の会社役員・及川慶治郎(おいかわけいじろう)さん(62)の2人で、高木政基さんが心肺停止状態で発見され死亡を確認。及川慶治郎さんは墜落した機体の近くで救助ヘリに旗を振るなどしており無事が確認されています。

及川慶治郎さんと高木政基さんは同じグライダークラブに所属しており、27日午前10時頃から他のメンバーと6人でふくしまスカイパークを拠点に飛行している最中、行方不明となっていた。

離陸前に福島市内にある吾妻小富士を見に行くと他のメンバーに話していたことから、福島県警や自衛隊が28日早朝から吾妻小富士付近を捜索していた。

また、27日午後にはつばくろ谷付近にいた観光客が低空飛行している機体を目撃しており、捜索の結果、墜落したモーターグライダーは吾妻連峰に向かう磐梯吾妻スカイラインのうち「つばくろ谷」に架かる不動沢橋近くで発見され、上空から救助活動が行なわれました。

警察が墜落原因を調べており、市内の病院に搬送された男性からも話を聴く方針だということです。

(モーターグライダーが墜落したつばくろ谷「不動沢橋」の周辺地図)

福島市のモーターグライダー墜落事故、行方不明の機体を吾妻山周辺の山中で発見…Twitterの声

福島市のモーターグライダー墜落事故 行方不明の機体を山中で発見 高木政基さんの死亡を確認