和歌山市新中島で殺人未遂事件 加藤順子容疑者がナイフで知人男性を刺し殺そうとした疑いで逮捕

和歌山市新中島で殺人未遂事件 加藤順子容疑者がナイフで知人男性を刺し殺そうとした疑いで逮捕

和歌山県和歌山市新中島のアパートで8月24日午前11時すぎ、77歳の男性が顔見知りの女に果物ナイフで刺されて負傷する殺人未遂事件があり、無職・加藤順子(かとうじゅんこ)容疑者(80)が殺人未遂容疑で逮捕されました。2人は顔見知り関係にあり、警察が事件の経緯や男性を刺した動機について詳しく調べています。

80歳の女が77歳の男性を果物ナイフで刺して殺害しようとしたこの殺人未遂事件は24日午前、和歌山市新中島の集合住宅の一室に住む77歳の男性が和歌山市北出島に住む無職 加藤順子 容疑者に果物ナイフで腹を刺されて重傷を負った事件です。

事件現場は男性が住む集合住宅の玄関先で、加藤順子容疑者は騒ぎに気付いた近所の住人らに取りおさえられ通報で駆け付けた警察官が殺人未遂容疑で現行犯逮捕しています。

現場では男性の腹を刺すのに使われた刃渡り約14センチの果物ナイフが押収されており、刺された男性は病院へ搬送されましたが命に別状はないということです。

また、逮捕された加藤順子容疑者は警察の調べに対して「殺すつもりで男性の腹を刺した」と供述しており、加害者の女と被害者の男性が知人同士ということもあり2人の間に何らかのトラブルがあったとみて動機や事件の背景について詳しく調べています。

(加藤順子容疑者が知人男性の腹を刺した事件現場の周辺地図:和歌山県和歌山市新中島一帯)
和歌山市新中島で殺人未遂事件 加藤順子容疑者がナイフで知人男性を刺し殺そうとした疑いで逮捕

コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。