名古屋市中村区賑町の立てこもり事件 イタリア人の男を身柄確保 拳銃所持の疑いで聴取

名古屋市中村区賑町の立てこもり事件 イタリア人の男を身柄確保 拳銃所持の疑いで聴取

愛知県名古屋市中村区賑町(にぎわいちょう)の11階建てマンションで8月23日午前11時頃、イタリア国籍のメリス・カルロ容疑者(53)がベランダに立てこもる事件があり、立てこもってから約3時間後の午後2時すぎに身柄を確保されました。周辺では発砲音や薬莢らしきものが見つかっており、銃刀法違反容疑を視野に捜査が進められています。

その後、部屋に立てこもっていたイタリア国籍のメリス・カルロ容疑者(53)が銃刀法違反容疑で逮捕されました。

自称イタリア人の男が拳銃を持ってマンションの部屋に立てこもったこの事件は23日正午前、名古屋中村区賑町の住宅地に建つ11階建てマンション「メゾン・ド・オーブ」の7階一室にイタリア国籍のメリス・カルロ容疑者が立てこもった事件です。

女性の声で「マンションのベランダに拳銃のような物を持った男がいる」と警察に通報があり事件が発覚。事件現場のマンションの周辺一帯には規制線が張られた上、愛知県警中村署の捜査員や機動隊が出動して緊張が走りましたが、男は立てこもりから約3時間後に身柄確保されました。

外国人の男は立てこもった直後から拳銃を手に持ち「警察官を連れてこい」などと叫んでいましたが、隣室からの説得に応じる形で玄関から姿を現わしたとみられる。男は車椅子に乗ってマンションから出てきており、現在は県警中村署に身柄を移されて事情を聴かれています。

これまでに人質の有無や振りかざしていた拳銃が本物かどうかは明らかとなっていませんが、現場周辺に住む人が事件が起きた日の午前に乾いた「パンパン」という発砲音らしき音を聞いている上、周辺の路上では薬莢らしきものが押収されるなど、発砲があった可能性が高い。

男がなぜ立てこもったのか?拳銃はどこで入手したのか事件の全容解明のため、身柄を確保した男を銃刀法違反容疑も視野に捜査を進めています。

立てこもり事件が起きたマンションの場所は名古屋駅の新幹線口から西に約1.5キロ離れた住宅と商店が混在する地域で周辺にはスーパー・ピアゴ中村店や中村保健所などの施設があり、寺の隣に建つ11階建てマンション「メゾン・ド・オーブ」7階の部屋です。

立てこもり現場となった11階建てマンションの外観:名古屋市中村区賑町
(立てこもり現場となった11階建てマンションの外観:名古屋市中村区賑町)
名古屋市中村区賑町の立てこもり事件 イタリア人の男を身柄確保 拳銃所持の疑いで聴取

1 個のコメント


  • コメントをどうぞ

    お名前欄が空欄だと匿名になります。
    コメントは承認後の公開となります。