神戸市長田区の市営住宅で殺人事件 顔に殴られた痕がある男性の変死体発見 住人から事情聴く

神戸市長田区の市営住宅で殺人事件?顔に殴られた痕がある男性の変死体発見 住人から事情聴く

神戸市長田区四番町の「市営長田駅東住宅」8階の一室で8月23日午前1時50分頃、同じ市営住宅の別棟に住む山根学さん(43)が倒れているのが見つかり、男性の顔に殴られたような痕があったことから、警察は男性が何者かに殺害された殺人事件の疑いがあるとみて捜査を進めています。

兵庫県警長田署は25日、この部屋の住人で逃走していた44歳の男を殺人容疑で逮捕しました。

(8月27日午前1時頃に追記)

高層市営住宅の一室で殺害された可能性がある男性の遺体が見つかったこの事件は23日深夜、神戸市長田区四番町5丁目に建つ「市営長田駅東住宅」の8階一室で連絡を受けて訪ねてきた49歳の知人男性が山根学さんの遺体を発見したものです。

男性を発見した知人が消防に通報して事件が発覚。顔や手に殴られた様な痕がある男性は搬送先の病院で約1時間後に死亡し、兵庫県警長田署は山根学さんが事件に巻き込まれて殺害された可能性などを視野に捜査を進めています。

警察が死亡していた山根学さんの遺体を司法解剖した結果、死因は皮下出血による失血死だったことが判明。致命傷となった傷は不明ですが、遺体の頭部や顔面、両手足には複数の打撲痕があったことから激しい暴行を受けた末に死亡した可能性が高いとみられている。

死亡した男性は倒れていた市営長田駅東住宅の部屋の住人ではなく、知人男性は40代の住人男性から連絡を受けてこの部屋を訪ねたところ、台所の冷蔵庫の横で倒れている山根学さんを発見。

発見当時、この部屋に住んでいた40代の住人男性は部屋にはおらず連絡が取れていないことなどから、山根学さんが死亡した経緯を知っているとみて行方を追っているということです。

部屋の中で倒れていた山根学さんと部屋を訪れた知人男性、住人の40代男性は知り合い同士という関係で、知人男性は「(山根学さんが)死んでしまった」という連絡を受けて部屋を訪ねたということが分かっています。

その後の捜査で、事件現場となった部屋に住み事件直後から連絡が取れなくなっていた無職・河辺隆次容疑者(44)を殺人容疑で逮捕しました。「殺すつもりはなかった」と供述しており、2人の間に何らかのトラブルがあったとみて詳しく調べている。

河辺隆次容疑者は山根学さんを殺害した疑いがもたれており、事件直後から逃走していましたが、捜査員が兵庫県内で身柄を発見し逮捕へ至りました。

事件現場となった「市営長田駅東住宅」の場所は長田駅から北東に約250メートル離れた高層階の市営住宅です。

(男性の変死体が見つかった市営長田駅東住宅の周辺地図:兵庫県神戸市長田区四番町5丁目)
神戸市長田区の市営住宅で殺人事件?顔に殴られた痕がある男性の変死体発見 住人から事情聴く

2 件のコメント

  • 私の家から一分でいけるとこで事件が起きていたなんてビックリしました…
    早く捕まえてほしいです…


  • コメントをどうぞ

    お名前欄が空欄だと匿名になります。
    コメントは承認後の公開となります。