大阪府吹田市内で大規模停電発生 関西電力管内の停電直前に爆発音とマンホールの蓋が外れる

大阪府吹田市内で大規模停電発生 関西電力管内の停電直前に爆発音とマンホールの蓋が外れる

大阪市東淀川区、吹田市、摂津市で8月23日午前5時40分頃、関西電力管内の約34000軒で大規模な停電が発生しました。この停電の影響で吹田市内では信号機が消えている交差点があり、警察官が出動して交通整理を行なうなど影響が出ています。

停電直前、爆発音とマンホールの蓋が跳ね上がる様子が確認されており、停電との関連について調べています。

(8月23日午前11時頃に追記)

大阪府内で最大34000世帯が停電したこの出来事は23日未明、大阪市東淀川区と吹田市内、摂津市内で起きた大規模停電で、東淀川区の停電は後に復旧。午後9時現在、吹田市と摂津市の約20000軒で断続的に停電が発生しているものです。

その後も継続して停電が続いており、午後11時現在で吹田市内の約17940軒が停電している。

関西電力の停電情報によると復旧見込みに関しては「現在復旧作業を行っています」とされており、復旧の目処は立っていない状況。

停電直前、吹田市高城町の路上で爆発音と共にマンホールの蓋が浮いて外れたという情報もあり、停電との関連と爆発音がした理由について調べが行なわれていましたが、停電の理由は高城町付近の地中送電線に不具合があり停電となったことが判明。

現在、調査と復旧作業が行なわれています。

ツイッター上にも跳ね上がったマンホールを撮影した写真が投稿されており、朝の5時すぎに2回の爆発音が聞こえた後、停電したと書かれていました。爆発現場周辺では停電が起きたということで、地下で何かが起こり停電を引き起こしたと考えられる。

吹田市高城町で爆発音とマンホールの蓋が外れたこと以外にも、市内の交差点の信号機が消えている様子を撮影した写真が多数投稿されています。吹田駅前など交通量が比較的多い場所でも停電しているということで、警察官が出動し交通整理に当たっているとのことです。

大阪府吹田市内で大規模停電発生 関西電力管内の停電直前に爆発音とマンホールの蓋が外れる