埼玉県熊谷市のスーパーで集団食中毒 惣菜食べた6人からO157検出 ポテトサラダが原因?

埼玉県熊谷市のスーパーで集団食中毒 惣菜食べた6人からO157検出 ポテトサラダが原因?

埼玉県熊谷市拾六間のスーパー「食彩館マルシェ籠原店」に入る総菜店で販売されていたポテトサラダを食べた13人が体調不良を訴え、9人から腸管出血性大腸菌「O157」に感染する集団食中毒がありました。5歳の女の子が意識不明の重体で4歳の男の子と60歳の女性がそれぞれ重症化して入院しています。

24日までに総菜店「でりしゃす」の埼玉県熊谷市内の2店舗と、群馬県前橋市と伊勢崎市の各店で加工販売されたポテトサラダを食べた12人がO157に感染するなど被害が拡大しています。

(8月24日午後1時頃に追記)

総菜店でりしゃす ポテトサラダO157感染で3歳女児が死亡 営業再開から間もなくして新たな感染者

2017.09.13

ポテトサラダ食中毒 埼玉県と群馬県で感染者12人に増加 感染経路について調査進む

2017.08.24

ポテトサラダを食べた6人からO157が検出されたこの集団食中毒は8月21日に埼玉県が発表したもので、埼玉県熊谷市のスーパー「食彩館マルシェ籠原店」に入る総菜店「でりしゃす籠原店」で今月7日と8日に販売された「ハムいっぱいポテトサラダ」と「リンゴいっぱいポテトサラダ」を食べた4歳から69歳の男女13人が体調不良を訴えたもの。

被害を訴えたのはポテトサラダを食べた埼玉県に住む4歳から69歳の男女13人が腹痛や下痢、血便などの症状を訴え、このうち9人の便から腸管出血性大腸菌「O157」が検出され集団食中毒と判断されました。(新たに5人が発症したと発表されました)

その後、感染者が増え熊谷市内の系列店と群馬県前橋市と伊勢崎市の各店でポテトサラダを購入した男女がO157に感染したことが判明。これで被害は計4店舗12人に拡大した。

群馬県の医療機関を受診・入院していた人からO157に感染したことが判明し、14日に群馬県から埼玉県に連絡があり埼玉県が調査を行なっていました。

食中毒の原因とされるポテトサラダは高崎市内の食品加工会社から仕入れたものに自社で調理・加工したハムとリンゴを乗せて販売していたポテトサラダで、店頭に陳列されている商品を客がトングで器に取り分けるグラム販売方式だったという。

また、ポテトサラダを調理していた群馬県高崎市内の食品加工会社が他のスーパーなどに卸した商品で被害は確認されておらず、店内で加工した際に菌に感染した可能性が高いとされていましたが、この食品加工会社から卸された熊谷市と前橋市、伊勢崎市の系列店でポテトサラダを購入した客からもO157が検出されたことが新たに判明。

さらに詳しく調査すると共に、O157の感染経路についても疑問が浮上している状況です。

これまでにポテトサラダを食べて体調不良を訴えた13人のうち9人がO157に感染し、5歳の女の子が腎臓の機能が低下する溶血性尿毒症症候群(HUS)を発症し一時、意識不明の重体となったほか、4歳の男の子と60歳の女性が重症化して入院しており、3人は退院の目処が立っていない。

この他にも7歳から12歳の子供3人が一時入院しましたが、既に退院しています。

ポテトサラダは4グループ14人が購入して食べたとみられているが、この他にも同店でポテトサラダを購入した客がいるとみて、詳しく調べています。

ポテトサラダを調理・販売していた「でりしゃす籠原店」の調理場
(ポテトサラダを調理・販売していた「でりしゃす籠原店」の調理場)

(食中毒があった総菜店が入るスーパー「食彩館マルシェ籠原店」周辺の地図:埼玉県熊谷市拾六間))

総菜店でりしゃす ポテトサラダO157感染で3歳女児が死亡 営業再開から間もなくして新たな感染者

2017.09.13

ポテトサラダ食中毒 埼玉県と群馬県で感染者12人に増加 感染経路について調査進む

2017.08.24

埼玉県熊谷市のスーパー「食彩館マルシェ籠原店」で集団食中毒、ポテトサラダ食べた6人からO157検出…Twitterの声

埼玉県熊谷市のスーパーで集団食中毒 惣菜食べた6人からO157検出 ポテトサラダが原因?

2 件のコメント

  • やはりこの時期量り売りタイプの販売は自粛すべきかな?
    揚げ物とかは大丈夫だけど、そうでないものは店でパックしてくれた方が安心かな。