三重県伊賀市で殺人事件 笹野隆一容疑者が妻の首を絞めて殺害した疑い 息子が死亡し心中図ったか

三重県伊賀市で殺人事件 笹野隆一容疑者が妻の首を絞めて殺害した疑い 息子が死亡し心中図ったか

三重県伊賀市の住宅で8月18日午後5時すぎ、この家に住む無職・笹野隆一(ささのりゅういち)容疑者(75)が妻・笹野悦子さん(69)の首を絞めて殺害した殺人事件がありました。

事件現場の一軒家からは死後数日が経過した42歳の息子とみられる遺体が見つかっており、息子が死亡したことを受けて無理心中を図った可能性が高い。

三重県伊賀市川西の住宅で69歳の妻が75歳の夫に殺害されたこの殺人事件は18日夕方、この家で妻と同居していた 笹野隆一 容疑者が妻・笹野悦子さんの首を絞めて殺害した疑いがもたれている事件です。

遺体が見つかった日の夕方、隣の家に住む男性から「旦那さんが奥さんを殺したようだ」と警察に通報があり事件が発覚。通報で駆け付けた警察官が住宅の脱衣所で妻と42歳の息子とみられる男性の遺体を発見しました。

笹野隆一容疑者は隣の家の男性に「妻を殺害した」と話し、男性が警察に通報していました。

見つかった息子の遺体に目立った外傷などはなく、病死した可能性が高いということで警察の調べに対して容疑者の夫は、「病気の息子が死亡したため妻を殺して一緒に死のうと思ったが、自分は死ねなかった」などと供述。

警察は現場や遺体の状況から笹野隆一容疑者が妻の首を絞めて殺害した殺人容疑で逮捕しており、無理心中を図ろうとした可能性が高いとみて当時の経緯を詳しく調べている。

脱衣所で母親(殺害された妻)と一緒に遺体で見つかった息子とみられる男性は長男で小学校の時に服用した薬の副作用で半身不随となっており、殺害された妻の笹野悦子さんが病を患ってからは笹野隆一容疑者がほぼ1人で2人の世話を見ていたということです。

三重県伊賀市で殺人事件 笹野隆一容疑者が妻の首を絞めて殺害した疑い 息子が死亡し心中図ったか