岐阜県瑞浪市の中央自動車道上り線で土砂崩れ 幅60メートルに土砂流入 車4台が巻き込まれる

岐阜県瑞浪市の中央自動車道上り線で土砂崩れ 幅60メートルに土砂流入 車4台が巻き込まれる

岐阜県瑞浪市釜戸町の「中央自動車道」上り線で8月18日午後9時半頃、土砂崩れが起きて上り線の車線上・長さ約60メートルにわたって土砂が流入しています。この土砂崩れで少なくとも車4台が巻き込まれ重傷者を含む6人が負傷しているということです。

(8月19日午前10時頃に追記)

岐阜県瑞浪市の中央自動車道の本線上(上下線)に土砂が流入したこの災害は18日夜、中央道の瑞浪インターチェンジ(IC)から恵那IC間の幅60メートルにわたって上り線側から土砂が流入したもので、土砂は多いところで1.5メートルの高さまで流れ込みました。

「土砂に巻き込まれた」と相次いで通報があったこと土砂崩れが発覚。走行中の車4台が巻き込まれ、車に乗っていた11人が救急搬送されました。このうち車2台に乗っていた7歳の男の子と42歳の女性が重傷を負い、4人が軽傷だったということです。

警察と消防が現場に出動して負傷者の救護活動が行なわれていましたが、これまでに車に乗っていた十数人全員が救助され状況確認が進められています。

岐阜県岐阜市や可児市では午前0時までに猛烈な雨が降ったとして「記録的短時間大雨情報」が5回出されており、土砂崩れがあった瑞浪市には18日午後10時20分頃に土砂災害警戒情報が出されていました。

また、本線上に土砂が流れ込んだ影響でこの影響で、瑞浪IC~恵那IC間が上下線で午後9時40分頃から通行止めとなっています。現在も中日本高速道路が土砂の撤去作業を進めていますが、通行再開には時間が掛かる見通しだということです。

土砂崩れが起きた中央自動車道:岐阜県瑞浪市釜戸町
(土砂崩れが起きた中央自動車道:岐阜県瑞浪市釜戸町)

岐阜県瑞浪市の中央自動車道上り線で土砂崩れ発生、上下線で通行止め続く…Twitterの声

岐阜県瑞浪市の中央自動車道上り線で土砂崩れ 幅60メートルに土砂流入 車4台が巻き込まれる