北海道から来た修学旅行生がJR奈良線の普通列車にはねられ重体=女子高校生が飛び込み自殺を図った人身事故か

北海道から来た修学旅行生がJR奈良線の普通列車にはねられ重体=女子高校生が飛び込み自殺を図った人身事故か

京都府京都市伏見区でJR奈良線の普通列車に、北海道から京都へ修学旅行に来ていたとみられる女子高生がはねられる人身事故が発生し、女子生徒は意識不明の重体となっています。電車運転手の証言などから、はねられた修学旅行生が線路上に踏み入った可能性があるとみて、身元の確認が急がれています。

この人身事故は10月12日午後7時過ぎ、京都市伏見区桃山長岡越中北町にあるJR奈良線の踏切近くの線路でセーラー服を着た女性が奈良発京都行きの普通電車にはねられたもの。女子生徒とみられる女性は病院に搬送されたが、意識不明の重体だという。

伏見署は身元の確認を急ぐとともに、事故当時の詳しい状況を詳しく調べる方針です。

修学旅行生の人身事故はTwitterでも話題にあがっていますが、当時の状況などから女子高生が自ら電車に飛び込み自殺を図った可能性があるということで、生徒間でのいじめを心配する声が聞かれました。

事故当時の状況・電車にはねられたのは北海道立高校の女子生徒か?

事故当時、電車の運転士が進行方向の右側から何かが近づいてくるのに気付き、緊急ブレーキをかけたが女性をはねてしまったという。事故現場の近くに落ちていたリュックサックには北海道立高校の名前が入った「修学旅行のしおり」や、この高校に通う2年生の女子生徒の健康保険証などが入っていました。

京都を訪れていた北海道の高校は10月11日から4泊5日の修学旅行中で、事故があった12日は班ごとに京都市内を自由行動する予定だったという。女子生徒は京阪伏見桃山駅近くの飲食店で夕食を食べた後、午後6時頃に班から離れ、午後7時前に連絡が取れなくなった。京都市内の宿泊先にも戻っていないということがわかり、電車にはねられたのはこの女子生徒の可能性が高いとのことです。

通っていた高校は旭商(北海道立旭川商業高等学校)が濃厚に

JR奈良線の電車にはねられた女子生徒が通っていた高校は北海道旭川市曙3条3丁目にある北海道立旭川商業高等学校(通称:旭商)だったとみられており、Twitterでは「(旭商に)テレビも来てたらしい」といった声も聞かれました。

旭商(北海道立旭川商業高等学校)
(女子生徒が通う高校の外観)

この人身事故でJR奈良線の運転に影響

北海道からの修学旅行生が普通列車にはねられた人身事故の影響で、JR奈良線は上下約10本が運休、11本が最大で1時間の遅れが生じ、約5800人の足に影響が出たということです。

人身事故が発生した現場と周辺の地図

修学旅行生とみられる女子高生がJR奈良線の普通列車にはねられた場所は京都市伏見区桃山長岡越中北町の踏切近くということがわかっています。

周辺には伏見桃山城や明治天皇伏見桃山陵などの観光地(観光名所)がありますが、この周辺を訪れていたのでしょうか。

京都市伏見区内で北海道からの修学旅行生が人身事故、自殺の可能性は?…Twitterの反応

10月12日の午後7時過ぎ、京都市伏見区内の踏切近くの線路上で北海道立高校の女子生徒とみられる、セーラー服を着た女性が電車にはねられる人身事故が発生し重体となっています。

現在までに女子高生の詳しい容体などはわかっておらず、Twitter上では心配する声もあがっています。

女子高生がJR奈良線の線路上に立ち入った可能性が高いものの、身元の確認も含めて警察が詳しく捜査を進めているということです。

また、女子高生が通っていた高校は旭商(北海道立旭川商業高等学校)の可能性が高いことがわかりました。

北海道から来た修学旅行生がJR奈良線の普通列車にはねられ重体=女子高校生が飛び込み自殺を図った人身事故か

Twitterフォローお願いします

ニュースメディア「MoreNews」のTwitterアカウントをフォローして頂ける方を募集中です
注目の時事ニュースの更新情報をSNS上で配信していますので、アカウントをお持ちの方は是非フォローして下さい! (現在のフォロワー数は約2300人)