北海道中標津町で女子高生2人が飛び降り自殺 中標津町と大阪市内に住む15歳の高1女子が友人同士で自殺?

北海道中標津町で女子高生2人が飛び降り自殺 中標津町と大阪市内に住む15歳の高1女子が友人同士で自殺?

北海道中標津町東5条のパチンコ店付近の路上で8月16日午前8時40分頃、高校生とみられる女性2人が血を流して倒れているのが見つかり、現場で死亡が確認されました。2人の身元は中標津町と大阪市に住む女子高生で親友同士だったとみられ、パチンコ店の屋上から飛び降り自殺を図った可能性が高いということです。

中標津町のパチンコ店屋上から女子高生2人が飛び降り自殺を図ったこの出来事は16日朝、パチンコ店付近の路上に倒れている女子高生を見つけた人から警察に通報があり発覚。

2人は現場で死亡が確認され、身元はそれぞれ中標津町と大阪市に住む高校1年生の女子高生(15)と判明。大阪市の女子高生は中標津町出身で中学校の頃に転居しており、高校の夏休みを利用して親族の家を訪れており、中標津町に住む女子高生とは親友同士だったということです。

これまでに2人の通っていた高校でイジメに関する情報などはなかったということですが、周囲に将来や世の中に対する悲観的な発言があったことなどから2人揃って自殺を図った可能性がある。遺体発見当時、2人は私服姿だったという。

女子高生2人が飛び降り自殺を図ったのは県道774号沿いの閉店したパチンコ店「ドリーム」の建物とみられており、店舗外側には屋上まで繋がるらせん階段やハシゴが設置されており、階段の入口には高さ約1.5メートル扉があり鍵のかかったチェーンがかけられていたという。

警察の調べで自殺を図った女子高生2人が扉を乗り越え、高さ十数メートルの高さから飛び降り自殺を図った可能性が高いということです。

2人が飛び降りたパチンコ店がある場所は中標津町役場から南東に約1キロ離れた市中心部の商店街の一角。

警察が自殺を図った理由などについて詳しく調べています。

北海道中標津町のパチンコ店で親友同士の女子高生2人が飛び降り自殺図り死亡…Twitterの声

北海道中標津町で女子高生2人が飛び降り自殺 中標津町と大阪市内に住む15歳の高1女子が友人同士で自殺?