TBSメディア部長を書類送検 危険ドラッグ「ラッシュ」を女性にかけた傷害容疑など

TBSメディア部長を書類送検 危険ドラッグ「ラッシュ」を女性にかけた傷害容疑など

東京都港区の「TBSテレビ」メディアビジネス局担当部長の51歳の男(氏名非公表)が今年6月8日、職場の机やロッカー、自宅に危険ドラッグ「RUSH」(ラッシュ)を隠し持っていたほか、4月上旬にはホテルで30代の女性の顔にラッシュとみられる液体をかけた疑いで書類送検される事件がありました。

8月14日に医薬品医療機器法違反(指定薬物の所持)と傷害容疑で書類送検されたTBSテレビのメディアビジネス局担当部長の男は今年4月上旬、東京・中央区のホテルでインターネットで知り合った30代の女性の顔周辺に危険ドラッグ「ラッシュ」とみられる液体を顔にかけ、口の周りを炎症させた疑いがもたれています。

警察が女性からの被害届を受け、6月8日に自宅やTBS社内などを家宅捜索したところ自宅やTBS社内のロッカーなどから法律で禁じられている指定薬物を含んだ液体の危険ドラッグ入りの小瓶数本が見つかり、隠し持っていた疑いでも書類送検されました。

書類送検された51歳の男は警察の調べに対して「女性に危険ドラッグをかけたのは故意ではない」と話した上で「海外出張でフランスに行ったときに買ってきた」などと供述しているということです。

また、これまでに書類送検されたTBS担当部長の男の名前などは公表されておらず「51歳の男」とされています。

TBSメディア部長を書類送検、危険ドラッグ「ラッシュ」を女性にかけた傷害容疑など…Twitterの声

TBSメディア部長を書類送検 危険ドラッグ「ラッシュ」を女性にかけた傷害容疑など