奈良県山添村に小型飛行機墜落 山中から黒煙が上がり墜落との通報で発覚

奈良県山添村に小型飛行機墜落 山中から黒煙が上がり墜落との通報で発覚

8月14日正午過ぎ、奈良県と三重県の県境に位置する奈良県山添村の山中に小型飛行機と思われる機体が墜落したと通報があり、警察と消防は墜落事故を起こしたとみて詳しく調べています。山添村の山中の墜落現場周辺からは黒煙が上がっており、青と白のラインが入った機体らしきものが燃えているということです。

(8月14日午後10時頃に追記)

奈良県広域消防組合などによると、この小型機墜落の可能性が高い事故は奈良県山添村伏拝付近に14日午後0時15分頃、「飛行機が回転しながら落下した」「山中で黒煙が上がっている」と住人からの目撃情報や通報で事故が発覚。

山添村の山中に墜落したのは小型の航空機とみられており、山中で火災を起こしています。山中に墜落し燃えている小型飛行機らしき物は機体の原型を留めておらず、現場一帯からは黒煙が上がるなどしています。

上空に立ち上っている黒煙は山添村からも目撃されており、その煙を見た人が警察に通報したということです。目撃者は「地響きがして航空機が落ちたように見えた」と話していました。

現在までに県と県警のヘリが出動するなどして情報収集にあたっているほか、消防車17台が出動して消火活動にあたっています。

警察が現場の山中で機体や残骸を調べていますが、墜落したとみられる小型飛行機は午前11時57分、大阪の八尾空港から福島空港へと向かう予定だった小型機とみられており、飛行計画を確認するなどして搭乗者について調べています。

その後の消防の捜索などで山中に墜落した小型機と見られる残骸の近くで、性別不明の2人が倒れているのが見つかりましたが、いずれも死亡していたことが判明しました。

搭乗していた2人は大阪市中央区に住む会社役員・田中良一さん(68)と妻・佐智子さん(55)夫婦とみられることが分かり、八尾空港を飛び立ってから約16分後に関西空港の管制に「八尾に引き返す」と連絡した直後、行方が分からなくなったということです。

死亡した田中良一さんは約40年のフライト経験があり、今回の小型機もこれまで10回程度操縦していた操縦経験が豊富な男性でした。

警察と消防が、小型飛行機が墜落した原因について詳しく調べています。

墜落現場とみられる場所は奈良県山添村奈良県の北東に位置する三重県との県境で、名阪国道神野口インターの西側に広がる山間部。

この奈良県山添村の山中に小型機が墜落したとみられる墜落事故に関して、続報や最新情報があれば追って更新していく予定です。

墜落現場の様子:奈良県山添村伏拝付近
(墜落現場の様子:奈良県山添村伏拝付近)

奈良県山添村で小型飛行機墜落事故発生、山中から黒煙が上がり消防車が出動中…Twitterの声

奈良県山添村に小型飛行機墜落 山中から黒煙が上がり墜落との通報で発覚