古賀市天神「花鶴川」水難死亡事故 行方不明の父子が遺体で見つかり死者4人に 離岸流で流された可能性

古賀市天神「花鶴川」水難死亡事故 行方不明の父子が遺体で見つかり死者4人に 離岸流で流された可能性

福岡県古賀市天神6丁目の「花鶴川」(かづるがわ)河口近くの海岸で8月11日午後、海水浴に来ていた4人が溺れた水難事故で12日早朝、行方不明となっていた会社員・小野克弘さん(36)と息子の小学生・健さん(7)が遺体で発見され、12日の捜索で花鶴川の河口で溺れた4人全員の死亡が確認されました。

4人は離岸流に流され沖合で溺れた可能性が高いとみて、詳しく調べています。

古賀市天神の花鶴川の河口付近の海岸で子供含む4人が溺れたこの水難事故は11日午後、遊泳危険とされている海岸へと海水浴に訪れていた福岡県宇美町神武原3丁目の会社員・小野克弘さん息子の小学生・健さん(7)と事実上の親子関係にあった森尾陵ちゃん(5)と救助に向かった福岡市東区松崎3丁目の会社員・寺田一也さん(49)が沖へ流され溺れた事故です。

このうち、森尾陵ちゃんと寺田一也さんはその日のうちに発見されましたが死亡が確認されており、12日早朝から溺れて行方不明となっている小野克弘さんと息子の健さんの捜索が行なわれていましたが、捜索活動を行なっていた警察官や福岡海上保安部が河口から約100メートル離れた沖合で2人の遺体浮かんでいるのを発見。

搬送先の病院で死亡が確認され、死因は水死(溺死)だったということです。

12日に発見された小野克弘さんと11日に死亡が確認されていた森尾陵ちゃんの母親は近く、結婚する予定だったということで、この日は家族で海水浴に来ていたとみられています。また、溺れて沖へと流された森尾陵ちゃんを助けるために海へと入った寺田一也さんはたまたま現場に居合わせたということです。

死亡・水難事故が起きた花鶴川河口付近の海岸は打ち寄せた波が沖合に戻る際に強い流れになる「離岸流」が発生する恐れがあることなどから、古河市は「この海岸は離岸流が発生するため遊泳は危険です」と書かれた看板で注意を呼び掛けていました。

また、強い逆流(離岸流)が発生することから、地元の人はこの海岸一帯で泳ぐことはないと話しています。

事故当時、海岸で子供が流される様子を目撃していた男性は「子供が一瞬で消えた」と話しており、岸近くで遊んでいた2人の子供は2~3秒ほどで沖まで流されたとみられている。

古賀市天神「花鶴川」水難死亡事故、行方不明の父子が遺体で見つかり死者4人に…Twitterの声

古賀市天神「花鶴川」水難死亡事故 行方不明の父子が遺体で見つかり死者4人に 離岸流で流された可能性

コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。