丸の内のビル工事現場で足場崩落事故 転落した作業員3人が死亡 落差25メートルで搬送後に死亡確認

丸の内のビル工事現場で足場崩落事故 転落した作業員3人が死亡 落差25メートルで搬送後に死亡確認

東京都千代田区丸の内3丁目の商業ビルの工事現場で8月11日午後4時半頃、作業員の男性3人が転落が死亡事故があり、病院へ搬送されてから間もなくして3人の死亡が確認されました。工事現場5階に足場として置いていた鉄板と共に作業員3人が約25メートル下の地下3階まで落下したとみられています。

(8月14日午後2時頃に追記)

千代田区丸の内3丁目の高層ビルの工事現場で男性作業員3人が25メートルの高さから落下したこの死亡事故は11日午後4時半頃、50代の男性作業員が5階部分で内壁の基礎部分を作る作業中に起きました。

男性はエレベーターを通す縦穴の上に足場として置いていた畳数枚分の鉄板と共に約25メートル下の地下3階部分まで落下したということです。別の作業をしていた40代の男性作業員2人は鉄板が落下する際、巻き込まれて地下3階まで落ちたとみられています。

消防への通報は午後4時半過ぎにあり「作業員が地下3階に転落した」と連絡があり事故が発覚。

転落した50代と40代の作業員3人は駆け付けた救急車で病院へと搬送されましたが、仮の足場として置いていた鉄板が落下した落差は約25メートルあったことなどから、3人は搬送先の病院で死亡が確認されました。

その後の調べで最初に足場の鉄板と共に転落した50代の男性作業員の身元は千葉県船橋市中野木の内装工・土屋剛さん(51)と判明。鉄板の落下に巻き込まれたのは内装工・生川信一さん(43)、会社員・小林義行さん(48)の2人と分かりました。

土屋剛さんが工事現場5階のエレベーター設置予定場所で内壁の基礎工事をしていたところ、足場の鉄板が外れて落下したもので、生川信一さんと小林義行さんの2人が巻き込まれ地下3階まで転落したとみられています。

その後の調べで、重さ約630キロの高所作業車も5階から地下3階に転落していたことが判明。転落した鉄板は作業車の重さに耐えらず、落下した可能性が高いということです。

事故当時、室内作業だったことから安全帯や命綱を付けていなかった可能性があるとみて、警察が現場での調べや施工業者・大成建設東京支店の関係者などに事情を聴くなどして、業務上過失致死容疑を視野に事故当時の状況を調べている。

事故が起きた現場はJR東京駅から西に約300メートル離れたオフィス街の一角で、工事中のビルは2015年11月に着工し、東京会館などの跡地に地上30階・地下4階の商業施設の建設が進められていました。完成は2018年10月の予定で、2019年1月頃にリニューアルオープンする予定でした。

丸の内のビル工事現場で足場崩落事故、高さ25メートルから転落した作業員3人が死亡…Twitterの声

丸の内のビル工事現場で足場崩落事故 転落した作業員3人が死亡 落差25メートルで搬送後に死亡確認

19 件のコメント

  • まず合掌 
    内装業者も悪く思う、大成建設は尚悪い、安全第一が工程第一になること自体おかしいな事やね。起こるべくして起きた事故
    けど巻き込まれた人間はたまったもんや無いな~

  • この現場、24時間稼働してたんですかね?
    この付近の駅の工事に携わってて夜に通りかかった事あるけどガードマンも居たし溶接してる音が聞こえた。
    タワークレーンもまだ動いてたな。
    まあ大成さんの現場は確かにヤバいけどオリンピックのせいで建築ラッシュなのがね…

  • 我々職人自体も、勿論安全に責任をもっていかなくては行けません。
    しかしながら、今現状大手建築業界は職人の数が減っていて、またいい現場が減り、
    無理難題を職人に押し付けざる負えない状況下です。
    何とか改善して本当にいい建物を作るゼネコンを目指してほしいと思います。

  • オ●ジューのバカ職人が他職の鍛冶屋さんまで巻き込んでしまった、目も当てられないような大事故。
    エレベーター開口の仮設デッキに高車で乗り上がるか?
    ド素人かよ。
    こういう非常識なバカ職人を現場から一掃しなければ、いくら安全施設を整備しても事故は起きるよ。

  • IPADで写真撮るついでに~そこで言えばまた違うだろーね!
    今回の事故は所長と副所長が悪いですね!
    いくら支店長のビデオみてもかわらないですよ@@

  • まず、11日に作業をさせてる大成職員少し考えなさいよ!
    他の職人は何人居たのか知らないけど、恐らく人数少ない中その作業場所だけは、内装だから大丈夫だと思って稼働させたのか?監督不十分に問題がある!工程管理ばかりに目を取られ下請けの安全管理まで出来てないのだろうな!そもそもエレベーターシャフトの縦穴に高所作業車置くか、素人でも分かるだろうに。まずそこに気付かなかった大成職員が悪い!全ての下請け業者は、施工責任でやるのか?大成さん今一度考え直しましょう。そして、亡くなられた下請け業者さんのご冥福をお祈りします。

  • またやったね大成建設、下請けイジメが酷いからね寝れない帰れない予算は無いわで3拍子そろってますよ。こんなんで安全第1にできるわけ無いよね。安全は第3ぐらいになってしまうよね。だいたい職人を人とは思ってないからね?

  • 安全には充分に気配りをしているのだが・・・・
    この様な事故を起こして本当残念だ・・・
    事故には十二分に注意を払って工事をお願いします。
    また、今回の事故にあった、下請の皆さまのご冥福をお祈り致します。

  • 大成さんは、事故を起こした人が偉くなっていくそうです。他社は、無事故無災害が評価されると聞きますが。振り返ると、大成は確かに事故が多いように思えます。

  • 大成建設さんは、各書類は大変厳しく 協力会社に指導しているが、現場の総括 工事長含め
    職員は どうか? 机にへばりつき 現地での注意ではなく 写真を見せて 指導する。自分で組足場に上って来ない。自分の目で 体で安全を確認せず 数年前
    不安定な足場を何とか見てもらおうと、事務所で足場を使用する職人として 職長として 現場に引っ張り出すのに 苦労しました。日建設計の 超高層の現場でした。シャフトで死亡事故 起きました。何も変わってない。

  • この会社は、一人当りの業務量が同業他社に比べて非常に多く、しかも社内向けの資料作成、対応業務に時間を取られるため、客先対応、現業業務が疎かにならざるを得ない会社のDNAがある。本来もっと現場を見て、改善し、事故防止、品質向上を図りたくとも時間的に出来ないような環境を持っている会社。真面目な人間は超過勤務でカバーしようとして自殺に追いやられるし、おそらく足場の不備も知っていて改善したくとも出来なかったのか、時間がなく全く見ていなかったのかとにかく悪いサイクル(負のスパイラル)が見事に機能している会社だと思う。

  • 被災された方々のご冥福をお祈りします。
    エレエーターシャフトは床貫通であるため、このシャフトからの転落や資材などの落下は重大事故に繋がるので、シャフト内での作業の為に、作業床と作業床の下部には転落防止用水平ネットの2重の安全設備を設置されるものと理解してますが、報道から先ず、①作業床の適格性 ②作業床の緊結 ③水平ネットの設置有無 ④上下作業の対策 ⑤被災された方々の安全帯の使用状況 などの疑問を抱きます。建設業に関わる皆さん!特に元請会社、心痛むこの事故を重く受け止めて下請け任せにせず、自ら現場に潜む危険な芽を摘み取るよう現場を巡視しましょうよ。また、下請けも元請け任自らも現場点検を行い、不安を感じる設備を使用した作業は、させない!しない!という安全活動を定着させませんか。。。。。。マジでそう思います。

    • 何トンもある鉄板をひいてある、シャフトに 安全ネットはないだろう
      その上に作業車を置く事が問題だろうに、管理、監督、当事者、どれをとっても
      自殺行為に近い、あえて、ずれたのだとして(たわみは問題外)
      シャフトにかぶせたいたがずれないように固定してください ま、無理を言ってますが
      せめて、被りの大きさと、位置確認が目視できるように 線を引く 定点レーザで
      管理会社が常に 把握する これも、無理かな
      今まで、起こらなかったのが不思議な事故に見えてきた

  • 最近CM復活の裏側では死亡事故含め多くの災害事故の多い大成建設、協力業者の猛者の安全管理軽視、現場点検軽視、等々が重大災害に至るのでしょうか?

  • これが今の建築ですね

    工期がなく休みも仕事で

    ほんと建物をつくる人を大切にしないと

    また同じことがおこりますよ

  • 同業他社。他人事ではない・・。
    内勤は11日から休みが多いだろうけど、現場は12~20か13~20全休が多いんじゃないかな。
    一現場で一度に三人と言うのは不運としか言いようがない。社長以下、休み返上だと思う。
    大成さん今年に入ってけっこう事故起こしてるけど、新国立の人員的な足枷も原因になってるのかな?
    落ちた原因は分からないし、当人の不安全行動が原因だったのかもしれないが、
    ご冥福をお祈りいたします。


  • コメントをどうぞ

    お名前欄が空欄だと匿名になります。
    コメントは承認後の公開となります。