東大阪市のサンホームで傷害事件 介護士の月川智宏容疑者が入所者を殴った疑いで逮捕

東大阪市のサンホームで傷害事件 介護士の月川智宏容疑者が入所者を殴った疑いで逮捕

大阪府東大阪市御厨南3丁目の特別養護老人ホーム「YMCAサンホーム」で50歳の男性看護師が入所者の70代の女性の顔を殴り、怪我をさせた疑いで逮捕される傷害事件がありました。傷害容疑で逮捕されたのはサンホーム介護士の月川智宏(つきかわ ともひろ)容疑者(50)で、指を噛まれて腹が立ったと供述し容疑を認めています。

東大阪市の介護施設「サンホーム」で働いていた介護士・月川智宏容疑者が入所者を殴った疑いで逮捕されたこの事件に関して、警察が事件が起きた経緯について詳しく調べていますが、8月6日午後8時頃、施設に入所していた70代の女性の顔面を殴って怪我を負わせた疑いがもたれています。

殴られた女性は顎の骨を骨折する重傷を負い、搬送先の病院で治療を受けている。

月川智宏容疑者が入所者を殴ってから3日後の9日に被害者の女性の家族が警察に被害を申告して事件が発覚しており、警察の調べに対しては「介護サービス中に指を噛まれて腹が立ち、顎を1発殴りました」と容疑を認める供述をしているということです。

月川智宏容疑者が勤務していた特別養護老人ホーム「YMCAサンホーム」:大阪府東大阪市御厨南3丁目
(月川智宏容疑者が勤務していた特別養護老人ホーム「YMCAサンホーム」:大阪府東大阪市御厨南3丁目)
東大阪市のサンホームで傷害事件 介護士の月川智宏容疑者が入所者を殴った疑いで逮捕

コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。