熊谷市久保島の県営玉井団地で連続放火事件 団地周辺で不審火が5件相次ぎ関連を捜査

熊谷市久保島の県営玉井団地で連続放火事件 団地周辺で不審火が5件相次ぎ関連を捜査

埼玉県熊谷市久保島の「県営熊谷玉井団地」の東側の一角で8月9日午後8時頃、物置などが燃える火事・火災があり、約1時間ほどで火は消し止められましたが、周辺に火の気がないことなどから不審火・放火事件が疑われています。団地東側の一帯では6月から立て続けに不審火による火事が起きていることから、連続放火事件の可能性が高いとみられています。

熊谷市久保島にある県営玉井団地の通り沿いで、6月9日からこれまでに4件の不審火による火事が相次いでいることを受け、一連の火事が連続放火事件の可能性が高いとみて警察と消防が出火原因について調べを進めると共に周辺のパトロールを強化するなどしています。

放火された経緯について、最初に不審火が起きたのが6月9日に団地外東側の通り沿いで、翌10日にはすぐ南側で不審火が発生。警察が県営玉井団地周辺のパトロールを強化した為か、一時的に不審火が起きなくなりましたが、7月29日に最初の不審火があった場所から少し北側で再び発生。

その後、8月6日に団地東の通り沿いの南側で放火とみられる不審火があり、その3日後の9日に通りの中央辺りで不審火がありました。不審火は全て県営玉井団地東側の通りに沿って出火した上、200メートルの短いエリアで発生していることから連続放火事件の可能性が高いとみて捜査を進めています。

最も最近の不審火は8月9日ですが、これまでの4件で出火したのが夜から早朝にかけて発生していたのが今回は午後8時頃に出火したことなどから、警察のパトロールを警戒して時間をずらして火をつけたとの見方が強まっています。

また、県営玉井団地周辺に住む人によると、火事に気付いて外を見たところ白いTシャツにハーフパンツ姿の男が歩いていて、すぐ近くで爆発したにも関わらず振り返らないなど不審な点があり、この男が一連の連続放火に関与している可能性が高いとみられている。

熊谷市久保島の県営玉井団地で連続放火事件、団地周辺で不審火が5件相次ぐ…Twitterの声

熊谷市久保島の県営玉井団地で連続放火事件 団地周辺で不審火が5件相次ぎ関連を捜査

コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。