幸楽苑静岡清水インター店のラーメンに従業員の親指の一部が混入=静岡県静岡市清水区西久保

幸楽苑静岡清水インター店のラーメンに従業員の親指の一部が混入=静岡県静岡市清水区西久保

静岡県静岡市清水区西久保にある「幸楽苑」静岡清水インター店が提供したラーメンの中に、人間の親指の一部とみられる異物が混入していたことがわかりました。親指の一部がラーメンのスープに混入したのは、先月9月10日の昼食の時間帯だったということです。

ラーメンチェーン「幸楽苑」本社(福島県郡山市)などの発表によると、9月10日の昼頃に来店していた女性客が、一緒に来ていた子供が食べていたラーメンのスープに人間の指のような異物が入っていることに気付き、店員に伝え異物混入が発覚。

静岡市保健所が女性客の届け出受けて異物を確認したところ、長さ約7~8ミリ・幅約1センチの爪のついた指の先とみられるものだったという。調理作業中のパート従業員が調理中に過って指を切ったといい、幸楽苑は市保健所に始末書を提出し、再発防止を徹底していく旨のコメントを発表しています。

ラーメンに混入したのは誰の爪?混入の経緯は

静岡県静岡市清水区西久保の「幸楽苑」静岡清水インター店のラーメンに異物が混入した経緯ですが、パート従業員がスライサーを使い、チャーシューをスライスした際に右手の親指を切ってしまい、ラーメンの調理過程で親指の一部が混入したということです。

保健所は幸楽苑に対し、他の混入がないかの確認や、調理器具の消毒などをするよう指導したという。従業員に感染症などはないということです。

爪の付いた親指の一部を切ってしまったパート従業員もかなりの出血があったと予想されますが、当時の厨房内の状況などは詳しくわかっていません。

ラーメンに親指とみられる異物が混入した「幸楽苑 清水インター店」の場所と周辺地図

幸楽苑清水インター店の住所は静岡県静岡市清水区西久保45-7です。
店名の通り、東名高速道路清水インターチェンジを降りてすぐの場所にある、国道1号線沿いの店舗。

ラーメンチェーン「幸楽苑」のラーメンに親指混入…Twitterの声

幸楽苑のラーメンの中に親指の一部が混入していた異物混入事件がTwitterでも話題にあがっています。

親指の一部が混入した原因はパート従業員さんがスライサーでチャーシューをスライスする作業を行っていた際、誤って自分の親指の一部を切ってしまったものですが、親指が厨房内のどこかに飛んで行ってしまったのか、調理途中だったチャーシューをそのまま利用したことが原因なのか、詳しい状況はわかっていません。

Twitterでは「もう幸楽苑のラーメン食えない…」「その幸楽苑はどんな対応したんだろう」「従業員の人が心配」といった声などがあがっています。

幸楽苑静岡清水インター店のラーメンに従業員の親指の一部が混入=静岡県静岡市清水区西久保

Twitterフォローお願いします

ニュースメディア「MoreNews」のTwitterアカウントをフォローして頂ける方を募集中です
注目の時事ニュースの更新情報をSNS上で配信していますので、アカウントをお持ちの方は是非フォローして下さい! (現在のフォロワー数は約2300人)