熊本市中央区で飲酒運転事故 山本隆慶容疑者が運転する車が作業現場に突っ込み6人が重軽傷

熊本市中央区で飲酒運転事故 山本隆慶容疑者が運転する車が作業現場に突っ込み6人が重軽傷

熊本市中央区坪井4丁目の国道3号「浄行寺交差点」で8月10日午前0時20分頃、北区清水亀井町在住の自称無職・山本隆慶(やまもとたかよし)容疑者(43)が運転する車が地質調査をしていた作業現場に突っ込む事故があり、男女6人が重軽傷を負いました。容疑者の呼気からは基準を超えるアルコールが検出されています。

酒を飲んだ状態で車を運転して事故を起こした疑いで現行犯逮捕された山本隆慶容疑者は10日未明、中心市街地方面から国道3号線を北上しながら車を運転しており、交通規制をしていた女性をはねた後、十数人が地質調査をしていた作業現場に突っ込んで6人を負傷させた疑いがもたれています。

この事故で地質調査会社の社員3人が重傷を負い、このうち38歳の男性が両足骨折、43歳の男性が頭部外傷を負ったほか、42歳の男性が骨盤骨折を負うなどして負傷。

このほか、20代から50代の同じ地質調査会社員の男性と交通整理をしていた女性、公務員の男性の合わせて3人が足や腕に軽傷を負いましたが、いずれも命に別状はないということです。

通報で駆け付けた警察官が山本隆慶容疑者の呼気を調べたところ、1リットル中0.54ミリグラムの基準値の3倍を超えるアルコールが検出されたことから、道路交通法違反(酒気帯び運転)容疑で現行犯逮捕。容疑を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)を切り替えることも視野に飲酒状況などを詳しく調べています。

山本隆慶容疑者は警察の調べに対して「近くで缶ビールを飲んだ」と供述し容疑を認めているということです。

飲酒した容疑者が運転する車が突っ込んだ工事現場は熊本市中央区坪井4丁目の国道3号「浄行寺交差点」で片側4車線から2車線に繋がる交差点で、事故当時は上り車線の一部を規制した上で地質調査の作業員や警備員など約10人が交差点内で作業をしていました。

山本隆慶容疑者が酒気帯び状態で運転していた乗用車
(山本隆慶容疑者が酒気帯び状態で運転していた乗用車)

熊本市中央区の浄行寺交差点で飲酒運転事故、山本隆慶容疑者が運転する車が作業現場に突っ込み6人が重軽傷…Twitterの声

熊本市中央区で飲酒運転事故 山本隆慶容疑者が運転する車が作業現場に突っ込み6人が重軽傷

コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。