後藤政行元村議が農薬飲用で服毒自殺図り救急搬送 覚醒剤所持で逮捕後に釈放され自宅で自殺?

後藤政行元村議が農薬飲用で服毒自殺図り救急搬送 覚醒剤所持で逮捕後に釈放され自宅で自殺?

7月11日に山梨県笛吹市の駐車場に止めた車の中と忍野村の自宅敷地内で覚醒剤(覚せい剤)を所持していた疑いで逮捕・起訴された山梨県忍野村の元村議・後藤政行被告(66)が自宅で農薬を飲んで服毒自殺を図ったとみられ、意識不明の重体で病院に搬送され治療を受けていることが明らかとなりました。

自宅で農薬を飲んで服毒自殺を図ったとみられているのは7月11日に覚醒剤取締法違反(所持)の疑いで逮捕・起訴され、後に釈放されていた山梨県忍野村の元村議・後藤政行被告で、8月7日午前10時頃に自宅で倒れていると家族から消防に通報があり発覚したもの。

救急隊員が自宅に駆け付けたところ、意識を失った状態で倒れる後藤政行被告を見つけ病院に搬送しましたが、意識不明の重体で治療を受けているということです。

警察が当時の状況を調べるなどして捜査を進めていましたが、現場の状況などから自ら農薬を飲んで自殺を図った可能性が高いと判明。救急搬送された後藤政行元村議は村議3期目で今年6月まで議長を務めていましたが、7月14日に村議を辞職していました。

覚醒剤所持容疑で逮捕・起訴された後藤政行元村議が服毒自殺図り救急搬送…Twitterの声

後藤政行元村議が農薬飲用で服毒自殺図り救急搬送 覚醒剤所持で逮捕後に釈放され自宅で自殺?