名古屋市熱田区の味覚苑で爆発事故 厨房のガスボンベが爆発し店員や客ら3人が軽傷

名古屋市熱田区の味覚苑で爆発事故 厨房のガスボンベが爆発し店員や客ら3人が軽傷

愛知県名古屋市熱田区三本松町の焼肉店「味覚苑」(みかくえん)で8月7日午後0時半頃、焼肉店の中の厨房にあったガスボンベが爆発する事故があり、店の従業員や店内で食事をしていた客など男女3人が軽傷を負いました。

爆発事故が起きた当時、味覚苑の店内で食事をしていた客から「爆発が起こって店内が燃えている」と消防に通報があり事故が発覚。消防が駆け付けて消火活動を行ないました。

焼肉店の中でガスボンベが爆発したこの事故で、31歳の女性店員と45歳の男性客が軽い火傷(ヤケド)を負ったほか、別の31歳の男性客が飛び散ったガラスで手の甲を切るケガを負っています。

警察が事故原因を調べていますが、これまでに厨房で提供する料理を調理していたところ、ガスコンロの脇に置かれていたカセットコンロ用のガスボンベが爆発していたとみられています。

爆発したガスボンベはコンロのすぐ側に置かれていたということで、ガスボンベが加熱されて爆発した可能性が高いということです。

味覚苑は当時、店の営業中で店内には10人ほどの客がいたということです。これまでに2人の客が負傷していますが、いずれも重傷ではなく軽傷で病院で治療を受けたという。

事故現場の焼肉店「味覚苑」は熱田神宮と神宮前駅の東側・山手グリーンロード沿いに建つ3階建ての建物で、隣接する中華料理店とその隣にコンビニエンスストアがある場所です。

ツイッターには爆破事故が起き、現場前に消防車が駆け付けている様子を撮影した写真が投稿されています。

名古屋市熱田区の味覚苑で爆発事故発生、厨房のガスボンベが爆発し店員や客ら3人が軽傷…Twitterの声

名古屋市熱田区の味覚苑で爆発事故 厨房のガスボンベが爆発し店員や客ら3人が軽傷

コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。