千代田区大手町で殺人未遂事件 路上でミャンマー人女性が背中を刺され重傷 男を現行犯逮捕

千代田区大手町で殺人未遂事件 路上でミャンマー人女性が背中を刺され重傷 男を現行犯逮捕

東京都千代田区大手町1丁目の路上で8月7日午前6時45分頃、ミャンマー国籍の26歳の女性が背中など3カ所を包丁とみられる凶器で刺される殺人未遂事件がありました。通報で駆け付けた警察官が現場に居たミャンマー国籍の留学生・ニェンチャンアウン容疑者(28)を現行犯逮捕しました。

逮捕されたミャンマー人の男と女性の間にはトラブルがあったとみられており、警察が事件の経緯や当時の状況について詳しく調べています。

大手町の歩道でミャンマー人の女性が刃物で刺されたこの殺人未遂事件。犯人の男(ミャンマー国籍・ニェンチャンアウン容疑者)は事件現場に駆け付けた警視庁丸の内署の警察官が殺人未遂容疑で現行犯逮捕しています。

この事件は通行人から「女性が刺された」と警察に相次いだことで発覚。警察官が現場に駆け付けた際、被害者の女性は背中に包丁が刺さった状態で病院へ搬送されましたが、意識不明の状態。病院で治療を受けていますが、意識が回復して全治1ヶ月の重傷だという。

現場で現行犯逮捕されたニェンチャンアウン容疑者は豊島区巣鴨2丁目に住む留学生とみられており、被害者の女性は元交際相手だったということです。逮捕容疑に関しては歩道で女性の背中を刺して殺害しようとした疑いがもたれている。

刺された元交際相手の女性は今年1月、警察に対して「(容疑者の男に)自宅前で何度も待ち伏せされた」と警察に相談しており、その際は口頭で注意をしたということが分かっています。

警察はニェンチャンアウン容疑者が女性に復縁を迫っており、事件が起きた7日朝も路上で口論となっていたということです。警察が事件の経緯や犯行動機について容疑者を追及しています。

また、警察の調べに対しては容疑を認める供述をしているということです。

ニェンチャンアウン容疑者が元交際相手の女性を刺した事件現場:東京都千代田区大手町1丁目
(ニェンチャンアウン容疑者が元交際相手の女性を刺した事件現場:東京都千代田区大手町1丁目)

千代田区大手町で殺人未遂事件、路上でミャンマー人女性が背中を刺され重傷…Twitterの声

千代田区大手町で殺人未遂事件 路上でミャンマー人女性が背中を刺され重傷 男を現行犯逮捕

コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。