埼京線で集団痴漢事件 武蔵浦和駅で降ろされた男数人のうち1人が線路に飛び降りて逃走

埼京線で集団痴漢事件 武蔵浦和駅で降ろされた男数人のうち1人が線路に飛び降りて逃走

埼玉県さいたま市南区のJR武蔵浦和駅で8月4日午後7時半頃、車内で痴漢をしていたと疑われた男数人が逃走する集団痴漢事件があり、このうち1人の男がホームから線路に飛び降りて逃走しています。線路沿いに逃げた男の特徴は20~30代で身長175センチぐらい、紺のポロシャツとスラックス姿でした。

警察が逃げた男らの行方を追っており、電車内で痴漢被害に遭った女性から詳しい話を聴いています。

女性が電車内で男数人に痴漢されたのは埼京線の新木場発川越行きの通勤快速の電車内とみられ、被害者は20代の女性と判明。

車内で先頭車両に乗っていた女性を取り囲むように数人の男が立っており、胸や下半身などの体を触っているのを確認したため、男性の乗客が男らをとがめて武蔵浦和駅で降ろしたという。

駅のホームに降ろされた男らは逃走し、このうち20~30代と思われる男1人が線路に飛び降りて大宮方面へ逃走したということです。

他にも電車内で女性の体を触っていた男らが逃げており、埼玉県警浦和署が鉄道営業法違反などの疑いで捜査を進めています。線路に飛び降りた男の特徴は身長約175センチの細身で紺色のポロシャツにスラックス姿だったというが、集団で痴漢していて逃げた男らの特徴などは不明です。

男が線路に飛び降りたことで埼京線はこの日、上下計6本に最大18分の遅れが生じ、約4500人に影響がありました。

埼京線で集団痴漢事件、数人の男が女性を取り囲んで痴漢した後に逃走…Twitterの声

埼京線で集団痴漢事件 武蔵浦和駅で降ろされた男数人のうち1人が線路に飛び降りて逃走

コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。