警視庁目白署でゴミ集積所前に遺体放置 西武池袋線踏切の人身事故で死亡した女性の遺体

警視庁目白署でゴミ集積所前に遺体放置 西武池袋線踏切の人身事故で死亡した女性の遺体

7月26日に東京都豊島区南長崎の西武池袋線の踏切で近所に住む80代の女性が電車にはねられ死亡した人身事故があり、亡くなった女性の遺体が入ったビニール袋を警視庁目白署に勤務する20代の男性巡査が署内のゴミ捨て場に放置していたことが判明。遺体の一部が現在も見つかっていない。

事の発表は8月4日で、3日までに警視庁目白署の幹部が遺族に謝罪したということです。

死亡した女性が電車にはねられた人身事故は先月26日午後2時25分頃、豊島区南長崎の西武池袋線の踏切で起きた事故。目白署が現場検証を行なうなどした後、収容された遺体の一部をビニール袋に入れて署に持ち帰りましたが、20代の男性巡査が不要だと思いゴミ集積所の前に置いたという。

遺体は本来、霊安室で保管する決まりがあったということですが、ゴミ集積場に置かれた女性の遺体の一部が入ったビニール袋は27日朝に別の署員がゴミと勘違いして集積所に運び業者が回収したということです。

その日の午後、女性の遺体の検視を行なう際に袋がないことから誤廃棄が発覚。28日朝に中野区内のゴミ集積所でビニール袋を発見しましたが一部が現在も見つかっていません。

ビニール袋を誤って放置した目白署の男性巡査は「肉片と骨片だったので不要だと思った」などと説明しているということです。

女性が電車にはねられた西武池袋線の踏切:豊島区南長崎
(女性が電車にはねられた西武池袋線の踏切:豊島区南長崎)

警視庁目白署でゴミ集積所前に遺体の一部を放置、発覚し遺族に謝罪…Twitterの声

警視庁目白署でゴミ集積所前に遺体放置 西武池袋線踏切の人身事故で死亡した女性の遺体