【築地場外市場】放火事件の可能性は低いと判明 7棟全焼の火事で実況見分を開始

【築地場外市場】放火事件の可能性は低いと判明 7棟全焼の火事で実況見分を開始

東京都中央区築地4丁目の築地場外市場で8月3日午後4時50分頃に出火した大規模な火事・火災は、15時間後の翌4日午前8時頃に完全に鎮火され、飲食店など木造の店舗7棟・935平方メートルが全焼。4日午前9時半頃から警察と消防が合同で実況見分を開始しましたが、これまでに放火など事件の可能性は低いとみられています。

築地場外市場で火事が起きた当時の目撃情報や全焼した店舗従業員や周辺に建つ店舗関係者から話を聴いた結果、放火の可能性は低いと判断したもの。

出火原因については分かっておらず、火元とみられるラーメン店「井上ラーメン」や全焼した建物を詳しく調べています。

築地場外市場の火事はラーメン井上から出火?建物密集地で5棟に延焼し激しく燃える

2017.08.03

築地場外市場で店舗や商店など合わせて7店舗が全焼したこの大規模火災。出火直後から店舗前の都道50号「新大橋通り」の約150メートルを封鎖するなどして消火活動を開始。

消防車両や消防ヘリ約60台が出動して消火活動に当たりましたが、燃えている建物が木造だったことに加え、建物が密集している場所で消火活動が難航しました。

懸命な消火活動の結果、日付が変わった4日午前1時前に概ね消し止められ、出火から15時間後の午8時頃に完全に鎮火されました。

出火原因は分かっていませんが、火元とみられている人気ラーメン店「井上ラーメン」など合わせて7棟935平方メートルが燃えるなど被害は甚大。4日午前9時半から東京消防庁・警視庁築地署が合同で実況検分を行なっていますが、放火など事件性を疑わせるような情報はないということです。

全焼した店舗で働く女性のほか、複数の人が「出火の1時間半ほど前に焦げるような匂いがした」と話していることから、火元の3階建ての建物の内部では既に火が回っていた可能性が高い。

これまでに逃げ遅れた人やケガ人の情報は入っておらず、全焼した店舗の多くは営業時間外だったことが幸いした形となりました。

全焼した店舗の営業再開について、海産物卸業者で働く男性は「消火の水がかかって商品は全部ダメになった。機材も使い物にならない」と話すなど、この火事で燃えてしまった商店などが復旧し営業を再開するには時間が掛かる見通しです。

火事で燃えた築地場外市場は、築地4丁目と6丁目にまたがる縦400メートル、横130メートルの範囲内に飲食店や水産物店など約400店が軒を連ねる市場。外国人観光客が多く訪れる人気の観光スポットでもありました。

築地場外市場の火事・火災の消火活動中の様子
(築地場外市場の火事・火災の消火活動中の様子)

築地場外市場の火事・火災は放火など事件の可能性は低いと判明、火元建物などを実況見分…Twitterの声

【築地場外市場】放火事件の可能性は低いと判明 7棟全焼の火事で実況見分を開始