東京都内の大規模停電の原因は埼玉県新座市野火止7丁目付近の東京電力施設の地下で火事=地下の送電線で火災発生か

東京都内の大規模停電の原因は埼玉県新座市野火止7丁目付近の東京電力施設の地下で火事=地下の送電線で火災発生か

12日午後、東京都内(23区内)で一時、約35万戸が停電する大規模停電が発生しました。この大規模停電の原因と思われる火事・火災が、埼玉県新座市野火止7丁目付近にある東京電力の関連施設(変電所)の地下で起きており、新座市野火止の施設で起きた火事・火災が停電の原因と見て関連を調べているということです。

この大規模停電は、10月12日午後3時半過ぎに最大で約35万戸が停電したもの。中央区・港区・千代田区・豊島区を中心に停電が発生し、停電の戸数は一時、35万戸に上りました。

この停電は同日午後4時頃に概ね解消したということですが、東京23区内では道路の信号や施設のエレベーターなどが停電したことでパニックとなった場面も。各路線の電車の運行にも大きな影響が出ており、全線の完全復旧には時間が掛かる見込みということです。

黒煙の原因は変電施設地下の火事・火災と発表

東京電力の発表では、東京都内の大規模停電の原因は、12日午後2時49分頃、埼玉県新座市野火止7丁目付近の無人変電施設の地下にある送電線がある地下施設内で火災を知らせる警報が鳴ったということで、埼玉県新座市にある「新座変電所」と東京・豊島区にある「豊島変電所」の間をつないでいる送電線に何らかのトラブルがあり、東京都内の一部が停電したとみられています。

また、激しく立ち上っていた黒煙の原因は、道路下の送電線などが燃えたことで通気口から黒煙が出たようです。

午後3時前には「地面から煙が出ている」「数分前に爆発音がした」と現場を通りかかった男性から通報があったということで、現在もこの火事は消火活動が続けられており、現場となった国道254号線の上り線を通行止めにしているということです。

黒煙が上がった場所は埼玉県新座市野火止7丁目付近の変電施設

10月12日、東京都内で起きた大規模停電の原因は国道254号線沿いのアップガレージホイールズ埼玉新座店(埼玉県新座市野火止7丁目4)のすぐ傍にある東京電力の無人変電施設で起きた火事・火災と激しく立ち上った黒煙と関連があるようです。現場周辺の地下には地下送電線が埋められているということです。

埼玉県新座市野火止の無人変電施設

新座市の変電施設で黒煙…火事・火災との関連は不明、現場の様子

東京23区内も停電でパニック…現場の様子

12日午後3時半頃、東京都内で起きた大規模停電は概ね復旧しましたが、東京都内では混乱が続いています。特に交通機関への影響が大きく、列車が一時運転を見合わせるなどの影響が出ています。

午後5時現在も新座市野火止の東京電力の関連施設の火事・火災は鎮火しておらず、完全消化にはもう少し時間が掛かるとのことです。

東京都内の大規模停電の原因は埼玉県新座市野火止7丁目付近の東京電力施設の地下で火事=地下の送電線で火災発生か

Twitterフォローお願いします

ニュースメディア「MoreNews」のTwitterアカウントをフォローして頂ける方を募集中です
注目の時事ニュースの更新情報をSNS上で配信していますので、アカウントをお持ちの方は是非フォローして下さい! (現在のフォロワー数は約2300人)