大阪市住之江区大阪南港沖で首なしの男性遺体発見 頭部が切断され殺人など事件と自殺の両面で捜査

大阪市住之江区大阪南港沖で首なしの男性遺体発見 頭部が切断され殺人など事件と自殺の両面で捜査

大阪市住之江区南港南の海上で8月3日朝、海上で首から上の頭部がない成人の男性遺体が見つかる事件がありました。首なしの男性遺体は両腕を体の後ろで縛られ首にはスクリューに巻き込まれ切断されたような痕があり、警察は身元を調べると共に男性が殺害された殺人事件自殺の両面で捜査を進めています。

首のない男性遺体が見つかったのは大阪市住之江区南港南の沖合1.8キロの海上、で大阪湾内で自殺を図ったか遺棄された可能性が高いとみられています。

以下、大阪市住之江区南港南の海上で首なしの男性遺体が見つかった事件の可能性が高い出来事に関する詳細です。

大阪市住之江区南港南の海上で両腕が後ろで縛られ頭部のない男性遺体が見つかる事件、事件と自殺の両面で捜査を開始

海に頭部の切断された男性が浮かんでいるのが見つかったこの事件は8月3日午前7時45分頃、大阪府大阪市住之江区南港南の沖合約1.8キロほどの海上を警備艇で移動していた大阪府警大阪水上署員が海上に浮かんでいる男性の遺体を発見したもので、遺体の首付近には切断された様な痕があり頭部は見つかっていません。

警察が海に浮かんでいた遺体を収容して詳しく調べていますが、男性遺体は両腕を体の後ろに回され身に着けていた長袖シャツの袖で縛られていたということです。

遺体の首付近には船のスクリューに巻き込まれ切断された様な痕があったことから、海上を漂っている間にスクリューに巻き込まれ首が切断された可能性が高いとみられています。

遺体の性別は男性で長袖のシャツに下着姿。年齢は20~40歳前後で身長は約160センチ、頭部が切断され両腕を後ろで縛られており脚の一部が白骨化していました。

所持品などはなく警察が遺体で見つかった男性の身元を調べると共に、男性が殺害された殺人事件や自ら両腕を縛って海に身を投げた自殺の両面から捜査を進めています。

大阪市住之江区大阪南港沖で首なしの男性遺体見つかる…Twitterの声

大阪市住之江区大阪南港沖で首なしの男性遺体発見 頭部が切断され殺人など事件と自殺の両面で捜査