新東名高速道路 大草トンネル内で多重衝突・玉突き事故発生 6台が絡む事故で島田金谷~藤枝岡部間が通行止め

新東名高速道路 大草トンネル内で多重衝突・玉突き事故発生 6台が絡む事故で島田金谷~藤枝岡部間が通行止め

静岡県島田市の新東名高速道路上り線・藤枝PA近くの大草トンネル(全長2650m)で8月3日午前、トンネル内の2カ所で車やバイクなど6台が絡む多重衝突・玉突き事故があり、5人が重軽傷を負っており救急搬送されています。事故現場のトンネル手前では事故渋滞が発生している模様。

事故の詳細は大草トンネル内の2カ所で大型トラック2台と乗用車3台、バイク1台の合わせて6台が絡んだもので、広島県府中町のトラック運転手・大保雄容疑者が運転する大型トラックがバイクに衝突したという。これまでにバイクに乗っていた女性が意識不明の重体となっているほか、乗用車に乗っていた子供含む4人が軽傷を負いました。

以下、静岡県島田市の新東名高速道路上り線・大草トンネルで起きた事故の概要や詳細です。

(8月3日午後3時頃に追記しました)

静岡県島田市の新東名高速道路上り線 大草トンネル内で多重衝突・玉突き事故発生、負傷者多数

高速道路のトンネル内で車やバイクなど6台が絡んだこの事故は8月3日午前10時15分頃、静岡県島田市の新東名高速道路上り線・大草トンネル内で大型トラックと乗用車やバイクなど6台が絡む多重衝突・玉突き事故が起きたもので、トンネル内の2カ所で事故が起きたということです。

この玉突き事故での負傷者は当初12人と報じていましたが、バイクに乗っていた女性1人が意識不明の重体となっているほか、乗用車に乗っていた子供含む4人が軽傷で合わせて5人が負傷したと判明。女性はドクターヘリで搬送されました。

車列の最後尾を走っていたトラック運転手・大保雄容疑者が運転する大型トラックが重体となっている女性のバイクに衝突した後、さらに前方の乗用車などに次々と衝突したもので、大型トラック2台と乗用車3台、バイク1台の6台が絡む事故となりました。

警察は最初にバイクに衝突した大型トラックを運転していた広島県府中町のトラック運転手・大保雄容疑者(52)を過失運転傷害の疑いで逮捕しており、事故当時の状況について詳しく調べています。事故当時、大草トンネル内の2車線のうち1車線(追い越し車線)が工事のため通行規制されていました。

事故が起きた大草トンネルは藤枝PAと島田金谷IC間の全長2650メートルのトンネルで、5本連続するトンネルの1本。正午現在も消防による救助活動や事故処理が続けられています。

この事故の影響で新東名高速道路の上り線は午前11時13分頃から島田金谷ICと藤枝岡部IC間が通行止めとなっており、大草トンネルの手前で渋滞中。後続の車に関しては島田金谷ICで降ろされるなど対応が取られています。

この新東名高速道路上り線の大草トンネル内で起きた事故に関して、事故の詳しい状況や負傷者の状況などは不明となっており、続報や最新情報があれば追って更新していく予定です。

ツイッターには事故渋滞に巻き込まれた方が撮影した写真が投稿されており、事故現場のトンネル近くの藤枝PAには救助ヘリ(ドクターヘリ)が止まっている旨の投稿や本線上では事故渋滞で動けなくなったトラックなどが写っています。

静岡県島田市の新東名高速道路・大草トンネル内で多重衝突・玉突き事故発生…Twitterの声

新東名高速道路 大草トンネル内で多重衝突・玉突き事故発生 6台が絡む事故で島田金谷~藤枝岡部間が通行止め

コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。