佐賀県小城市で警察護送車とトラックが衝突する事故発生 護送中の容疑者男性が意識不明の重体

佐賀県小城市で警察護送車とトラックが衝突する事故発生 護送中の容疑者男性が意識不明の重体

佐賀県小城市小城町晴気の国道203号(唐津街道)で8月2日午後、佐賀県警の護送車と大型トラックが正面衝突する交通事故がありました。これまでに護送中の容疑者や警察官を含めた5人が病院へ搬送されています。護送されていた唐津市の66歳の容疑者の男が意識不明の重体となり、その後、死亡が確認されました。

負傷者の搬送にはドクターヘリが出動しており、事故を起こした護送車を運転していた47歳の男性と同乗していた46歳の男性巡査部長の2人が重傷を負ったほか、別の31歳の男性巡査部長と大型トラックの49歳の男性運転手がそれぞれ軽傷で病院で治療を受けています。

事故原因については不明で県警小城署が事故現場の道路を封鎖するなどして詳しく調べています。

以下、小城市小城町の国道203号線で佐賀県警の護送車と大型トラックの正面衝突した事故に関する詳細です。

(8月3日午前10時頃に追記しました)

佐賀県小城市小城町の国道203号(唐津街道)で警察の護送車と大型トラックの衝突事故発生、容疑者1人が意識不明の重体

容疑者を乗せていた警察の護送車がトラックと衝突したこの事故は8月2日午後2時20分頃、佐賀県小城市小城町晴気の国道203号(唐津街道)を走行していた佐賀県警の護送車が反対車線を走っていた大型トラックと衝突した事故です。

事故を起こした白色のワゴン車タイプの護送車に乗っていて負傷したのは護送車を運転していた県警唐津署の47歳の事務職員の男性が左脚などに重傷を負ったほか、同乗していた警察官2人がそれぞれ重軽傷。護送されていた河上洋一容疑者(66)が意識不明の重体となっているということです。

その後、事故直後から意識不明の重体となっていた佐賀県唐津市の河上洋一容疑者が病院で死亡しました。容疑者は親族を刺すなどした疑いで6月1日に逮捕されており、殺人未遂容疑で送検されており、事故当日は唐津署から佐賀市にある佐賀地検へと護送中でした。

大型トラックを運転していた49歳の男性運転手も両足を負傷しましたが軽傷だということで、双方の車に乗っていた合わせて5人が病院へ搬送され治療を受けています。重傷の負傷者の搬送にはドクターヘリが出動するなどしました。

警察の護送車と大型トラックが衝突したこの事故が起きた場所は小城市小城町晴気の国道203号線で、片側1車線の緩い坂道。護送車が上り方向、大型トラックが下り方向の車線を走っていたところ、何らかの原因で衝突したとみられています。

県警小城署が現場の道路を封鎖するなど交通規制をして事故原因について詳しく調べています。

佐賀県小城市で警察護送車とトラックが正面衝突する事故発生、現場道路が通行止めに…Twitterの声

佐賀県小城市で警察護送車とトラックが衝突する事故発生 護送中の容疑者男性が意識不明の重体

コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。